« 進駐軍放送 | トップページ | 忙中閑 »

2020年2月 4日 (火)

マスク,消毒薬,ハンドソープ

 昨日,バスの車中で.
 私は頭髪が真っ白なので,バスや電車で優先席に腰かけても周囲の乗客に違和感を持たれない.いかにもそれっぽいジジイだ.それでいつもはバスに乗るときは前方にある優先席に堂々と座るのだが,昨日はたまたま優先席は中年オバサンたちでいっぱいになっていた (中学生や高校生はそんなことはしない) ので,後方の二人掛け席に着席した.後ろのシートはスカスカだったから,別に文句はない.
 で,発車を待っている間に,中年の男が乗ってきて,私のすぐ後ろの席に腰かけた.私のすぐ前の二人掛けシートには,小さな二人の子を連れた若いママさんが三人で着席した.
 やがて後方のシートも満員になった頃,バスは発車した.
 
 発車して数分後,私の後ろの男がゴホゴホと咳をし始めた.たしかこいつはマスクをしていなかったはずで,従ってこの馬鹿野郎の咳は,私の後頭部を直撃しているのだった.こころなしか風圧を感じた.
 私も若い頃は頭髪が非常に多かった.当時なら,その大馬鹿野郎の咳の飛沫は,私の髪の毛を汚染するだけのはずだったと思うが,今や全盛期の五分の一 (当社比) に髪の本数が減ってしまった現在は,頭皮に直接,飛沫が付着していると思われた.
 君子危うきに近寄らず.この歳でインフルエンザに感染したくないので,席を立ってバスの前方に移動し,立って吊革につかまった.
 振りかえって後ろの席を見たら,件の超馬鹿野郎は口に手を当てることもせず,グェホグエホグエーと盛大に咳を続けていた.
 
 私の前にいた子連れの若いママさんは,自分はマスクをしていたが,彼女の小さな子供たちはマスクなしだった.そのため,その子たちは咳き込み激馬鹿野郎の射程範囲にいたのであった.
 テレビの情報番組で,マスクはウイルス感染の予防には役立たないなどと言っていることがあるが,そんなことはない.バス車中のような状況では,咳の飛沫を吸い込む可能性を大きく減らしてくれる.
 現在のデマの一つに「子供はコロナ肺炎に感染しない」というのがあるが,それが転じて,インフルエンザにも感染しないとの誤解が広まっているのだろうか.子供連れの母親は,自分だけでなく,子供たちにもマスクを着用させて欲しいものだ.
 
 以上が前フリ.
 私は,老化のせいだと思うが,ドライアイである.それで目薬が欠かせない.そしてその目薬は,一日になんども連用するので毛細血管を拡張する成分を含まない3類医薬品であることが必要だ.ところがこれは店頭にないことが多い.
 先日,私の生活圏である藤沢駅の北と南にある数店のドラッグストアで,目薬を探しまわったついでに衛生用品の棚を見たところ,普通サイズのマスクは売り切れで払底していたが,子供用あるいは小さいサイズという表示のマスクは少し陳列されていた.
 消毒用のアルコールも売り切れていたが,ウイルス感染症対策にはならない塩化ベンザルコニウム系消毒剤 (ティッシュなど) はまだ店頭在庫していた.
 
 そして昨日,ウイルス感染症には無効のハンドソープすらも店頭からなくなっていた.
 そういう状態なのに,子供用マスクはまだ少しだが店頭にある.どういうことなのだろう.よくわからない.
 
[どうでもよい余談]
 白鴎大学の岡田晴恵先生は,今やテレビの情報番組にウイルス学者として出ずっぱりの「時の人」であるが,少し前に明石家さんまの『ホンマでっか!?TV 』(フジテレビ) で,さんまに「はるえ~っ」と呼び捨てにされてイジられていた.さんまは,そんなに偉い先生だとは知らなかったのだろう.
 
[どうでもよくない余談]
 下は,静岡県の業者がAmazonに出品しているマスクである.(2/4現在)
 商品説明には「ノーブランド」と書かれているが,これは嘘で,アイリスオーヤマがドラッグストアチェーン「ウエルシア」に供給しているPB商品だ.すなわち明確に転売である.
------------------------------------------- 
20200204a
-------------------------------------------
 上の画像は,転売業者によってマスクの価格が異様に上昇していることを示すためにAmazonから引用した.
 これに関連して読売新聞《ネットでマスク「2箱8万円」、店頭で品切れ…消毒剤も飛ぶように》(2020/02/04 13:50) には次のようにある.
-------------------------------------------
20200204c
-------------------------------------------  
 上記の静岡県の業者の例は《通常価格の50倍 》以下ではあるが,これが出品されるや即座に他の業者に買われ,たちどころに暴利を付けて再び出品され,《通常価格の50倍 》以上になるのだ.金のためなら人の弱みに付け込むことを厭わぬ拝金主義.昔の日本人はこんなことはしなかった.むしろそれを恥とした.しかし,若い人は知らぬであろうが,総理大臣田中角栄以来,これが我が日本の国民性となって久しいのである.

|

« 進駐軍放送 | トップページ | 忙中閑 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事