« 牛切り落とし大根 | トップページ | 進駐軍放送 »

2020年2月 1日 (土)

煮干し出汁バッグの用途

「アコメヤの出汁セット」のうち「煮干し」の原料はウルメイワシ,トビウオ,昆布だ.鰹節の出汁と違って,香りの自己主張が強くないところがよい.それが《大根飯》の記事を書いた動機だ.
 大根飯の次に何を拵えようかと考えて,ジャガイモの煮物にした.これは特にレシピを書くまでもない.まずアコメヤの煮干しの出汁バッグを一袋,水五百ミリリットルで煮出して出汁を作る. ジャガイモ (男爵,中くらいのもの四個) の皮を剥いて,一個を四つあるいは五つに切る.これを出汁と淡口醤油大さじ三杯で煮る.煮崩れないように気を付けること.
 煮えたイモを取り出し,残った出汁に,水で戻した切干ダイコン一掴みと刻んだ油揚げ一枚を投入して,煮込む.
 出来上がった切干大根の煮物を鍋から取り出し,好みで七味唐辛子を振る.鍋に残った出汁は煮込みうどんにした.
 出汁バッグ一袋で三品ができるので,単価は安くないが,かなり使いでがある製品だと思った.
 
20200129c

|

« 牛切り落とし大根 | トップページ | 進駐軍放送 »

外食放浪記」カテゴリの記事