« 危機にパンクする旅行代理店 | トップページ | 日本語がヘン »

2020年2月28日 (金)

じゃあ肉じゃが

 脚の悪い老妻を車いすに乗せて,街を見下ろす丘の道を散歩する
「今夜,なに食べたい?」
「うーん,なんでも」
「そういうのが一番こまるんだ」
「ふふ……不安だったの.わたしが家事ができなくなったら,どうなるんだろうって……じゃあ,肉じゃが」
「え?」
「おみそ汁は赤だしでねっ」
「ああ,まかせておけ」
 
20200228a
 
 昔々のこと.私よりも若い人たちの話だが,男に「彼女に作って欲しい料理は?」と訊くと,「肉じゃが」と答えるという一種の都市伝説があった.
 それが下敷きにあって,若い女性に「上手になりたい料理は?」と訊くと,「肉じゃが」と答える時代があった.これは事実のようで,テレビ番組で司会者が歌手やタレントの女性に「どんな料理が得意ですか?」と訊くと,異口同音に「肉じゃが」と答えたものだ.
 これを聞くと意地の悪い爺さんは「んなもの,誰でも作れるわっ」と嘲った.「ウインナ・シュニッツェルとか答えやがれっ」と.
 
 確かに肉じゃがくらい簡単素朴な料理はない.台所に立った高齢の爺いがまず覚える料理がこれだ.
 その爺さんに,あまりハードルが高くない料理を,「ああ,まかせておけ」と請け合えるほどの料理を注文するのが,老いた妻のやさしさだろう.
 
 簡単素朴だから,人によって色んな味の肉じゃがになる.
 上の写真は,牛肉の切り落としを使ってみた.すき焼き用の高い肉を使う必要は全くないと思う.百五十グラムもあればいい.昔の関東の人間は肉じゃがに豚肉を使ったものだが,これは好き好きだ.
 じゃが芋は小さいの三個を四つに切る.ニンジンは彩だから二分の一本を小さく乱切り.じゃが芋は煮くずれたくらいが好きな人もいるが,私はその寸前に火を止める.
 しらたきは私の好物なので,一袋をまるまる入れた.
 タマネギは野菜三銃士 (あとはニンジンとじゃが芋) の一人だから,入れる人が多いだろうが,今回は省略.
 味付けはキッコーマンの「白だし」のみ.これだけで充分にうまいものができる.
 味付けは薄くしてじゃが芋を多めに入れ,白い飯なしで酒の肴にするのがよろしい.

|

« 危機にパンクする旅行代理店 | トップページ | 日本語がヘン »

外食放浪記」カテゴリの記事