« 患者の知識レベル以下 | トップページ | 香港の民主派を支持する »

2019年11月23日 (土)

オリーブピラフ

 最近,『上沼恵美子の おしゃべりクッキング』をよく観ている.上沼恵美子さんはアシスタントというよりも,しゃべり担当で,これがなかなか楽しい.
 昨日の献立は「オリーブピラフ」であったが,実に旨そうだった.略記レシピは以下の通り.(固定リンクはないので,オリジナルは「オリーブピラフ」で検索すると出て来る)
 
[作り方 (付け合わせを除く)]
 炊飯器に米を洗わずに入れ,グリーンオリーブ,オリーブの漬け汁,ブイヨン,ベーコン,おろしにんにく,バージンオリーブ油,こしょうを入れて炊く.炊き上がったら底から混ぜて器に盛り,パプリカパウダーをふる.
 
[2人分の材料 (付け合わせを除く)]
 米          1.5カップ
 グリーンオリーブ   16粒
 オリーブの漬け汁   100ml
 ブイヨン       300ml
 ベーコン       1枚
 おろしにんにく    小さじ1/4
 バージンオリーブ油  大さじ1
 こしょう       適量
 パプリカパウダー   適量
 
 この炊飯器で作る炊き込みピラフのキモは,オリーブの漬け汁を加えるところにある.これとベーコンで風味と塩味をつけるのだ.
 従って,材料の「ブイヨン」は,食塩を賦形剤として用いる顆粒とかキューブのコンソメで代用することができない.コンソメを使うなら,塩蔵であるオリーブの漬け汁は省略することになるが,それではオリジナルのレシピを大幅にアレンジすることになり,作ってはみたが風味が足りないということになりかねない.
 かといって,たった300mlのブイヨンを拵えるのはかなり難儀である.というか,できない.ブイヨンの自作は,家族が多い上に毎日洋風料理を作ることが前提だ.
 そこで市販品のブイヨンをAmazonで探してみた.
 しかし驚いたことに,野菜のブイヨンは一つもなかったのである.商品名を「ブイヨン」としておきながら食塩を添加したもの (クックパッド掲載のレシピに出て来るKALDIの「トリュフ香るきのこのブイヨン」他) がいくつかあるが,これは明らかな食品偽装である.
 ただ一つ,野菜以外に鶏肉も使用しているが,ハインツの濃縮ブイヨンで代用できる可能性はある.しかしこれは業務用商品であり,内容量が800gもあるので,とてもじゃないが家庭では使いきれない.
 というわけで残念ながら,このレシピは単独では実行が難しい.洋風の野菜煮込み料理を作るときに,その煮汁 (ブイヨン) を使って,ついでにオリーブのピラフを炊くことにした.
 それにしても,これだけ減塩調味料が求められている時代に,本来のブイヨン (食塩不使用) が販売されていないというのは不思議だ.
 

|

« 患者の知識レベル以下 | トップページ | 香港の民主派を支持する »

食品の話題」カテゴリの記事