« ある説話の検索と発見 | トップページ | 横浜美術館と WINE STAND BASIL »

2019年10月 7日 (月)

袋ラーメンのパック

 初めてAmazonのパントリーをやってみた.
 パントリーというシステムは,要するに手数料オフになる商品を規定数買えばいいのであり,梱包ダンボール箱の使用率は気にしなくてもいい (緩衝材が空隙に詰められるから) のであるが,何となくそれはイケナイことのような気がした.
 大昔,「かっぱえびせん」とか各社のポテトチップスが世に出た頃の話だが,工場からそれらの菓子を運ぶトラックのドライバーは「張り合いがない」と嘆いたという.運転時の体感的に,空気を運んでいるような気分がするからであった.今の感覚でいえば,運輸というのは価値を運ぶ仕事であり,積載重量で評価するものではないから,スナック菓子はむしろ良い荷物なのだが,しかし当時のドライバーさんたちの気持ちはよくわかる.私は今もそういう感覚 (→空気を運ぶなんて,モッタイナイ) を捨てられない.
 そこで,パントリー箱の使用率をぎりぎり高めようと試みた.パントリー専用商品は食品ジャンルに多いし,食品はかさばるのでパントリーに適しているような気がする.
 そこで即席袋麺とスナック菓子,米菓,珍味などをカートにポイポイ放り込んだ.(下記の価格は変動する)
 袋麺は体積当たりの単価が安い.「日清のラーメン屋さん」シリーズが特に安い (スープの味が今一つだから売れていないのかも) ので,「旭川しょうゆ 5食パック 299円」を入れた.店頭でも袋ラーメンはこれが一番安い.
 次に安いのは「サッポロ一番みそラーメン 5食パック 399円」と「サッポロ一番塩ラーメン 5食パック 399円」だった.店頭でも価格はこんなもんだ.
 高いのは「日清焼そば 5食パック 499円」で ,同じ日清食品なのに,どうしてこれが「日清のラーメン屋さん」よりも200円も高いのか理解できない.できないがパントリー箱をいっぱいにするためにカートに放り込んだ.
 そうこうするうちに,手数料オフ商品を入れる余裕がなくなってきたので「明星 中華三昧 四川風味噌拉麺 手数料オフ対象品 456円」もカートに入れた.なんで「日清焼きそば」より高いんだと不思議に思ったが,このあたりでは「単価と手数料オフかどうか」にしか注意が向いておらず,何個入りであるかには注意が向かなくなっていた.パントリー箱の使用率を極限にすることと,手数料オフを両立させる組み合わせを求めて,商品をカートに入れたり出したりすることに熱中したのであった.「日清焼きそば」を買った頃には既に逆上していたと思われる.
 
 さてパントリー箱が届いて,中身を点検しながら気が付いた.「中華三昧」は三食入りだったのである.エラい高いものをつかんでしまった.ディスカウンターで買えばよかったと後悔した.
 熱くなって袋ラーメンをたくさん買ったので,しばらくは袋ラーメンを日に一食する.飽きそうだなあ.

|

« ある説話の検索と発見 | トップページ | 横浜美術館と WINE STAND BASIL »

新・雑事雑感」カテゴリの記事