« 薔薇ノ花 | トップページ

2019年5月21日 (火)

ザゼンソウ (八) /工事中

 話をザゼンソウに戻す.
 このブログの記事《薔薇の花》に私は次のように書いた.(空白行と画像および一部文章を省略)

私たちの国は,四季折々に咲く花に恵まれた.花が咲くのは日常普段のことだから,何が咲いて何が散ったか,気もつかぬうちに四季は過ぎていく.
 北原白秋の大正三年の詩集『白金之独楽』(金尾文淵堂) に「薔薇二曲」がある.(中略)
一 薔薇ノ木ニ
  薔薇ノ花サク。
  ナニゴトノ不思議ナケレド。
二 薔薇ノ花。
  ナニゴトノ不思議ナケレド。
  照リ極マレバ木ヨリコボルル。
  光リコボルル。
 字面だけなら,薔薇の木に薔薇の花が咲くのは当たり前なのだけれど,「ナニゴトノ不思議ナケレド」は,薔薇の花を見た白秋の感動を表現している.何の不思議はないけれど私の心は打ち震えた,と言っているのだ.
 それに,この部分は「薔薇ノ木ニ」がなくても成立する.「薔薇ノ花サク。」だけで白秋の感動は読み手に伝わる.それは,季節巡りて,咲くべき時に花が咲く自然の営みに心驚く詩人の感性である.
 そのことは,第二連に繋がる.時が来れば花は咲き,そして時過ぎれば花は散るのだと詩人は歌ったのである.
 
 季節巡りて,咲くべき時に花が咲く自然の営み.現代の植物生理学の教科書は,花芽の形成に関わる遺伝子や,ホルモンなど細胞内の機序については語ってくれるが,では春夏秋冬それぞれの季節に,それぞれの花が咲くのはなぜなのかは教えてくれない.その秘密は依然として,詩人の言葉のうちにある.
 さて花が咲くことを開花というが,学問的には植物が花芽を付け,花芽が生長して蕾となり,そして私たちの目に見える形で花が開くまでの過程を開花と呼ぶ.

|

« 薔薇ノ花 | トップページ

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薔薇ノ花 | トップページ