« 昭和天皇実録 | トップページ | 自然葬 »

2019年3月16日 (土)

無理矢理な記事

 ネットニュース (日刊SPA! 2019/03/13 08:30)《200店舗閉店の「サブウェイ」と好調な「サイゼリヤ」、なにが違う? 》にこんなことが書かれていた.

<主な絶滅危惧チェーン店>
●サンテオレ  ’95年3月に100店舗突破→現在8店舗
●東京チカラめし  ’12年には100店舗突破→現在8店舗
●ドムドムハンバーガー  ’90年ごろ400店舗達成→現在31店舗
●アンナミラーズ  ’90年ごろ最大20店舗→現在1店舗
<主な絶滅したチェーン店>
●イエスタデイ  すかいらーく系列ファミレスで’90年代に閉店
●すかいらーく  39年の歴史に幕を閉じガストに転換
●コロちゃんのコロッケ屋!  ’00年ごろ急激に拡大→自己破産
●神戸らんぷ亭  ’93年設立→’15年に筆頭株主が代わり閉店
●びっくりラーメン一番  1杯189円で大ヒット→民事再生法の適用を申請
●牛丼太郎  ’12年に全店舗営業終了→1店舗が「丼太郎」に

 この記事の筆者は,経済評論家の平野和之氏とフードアクティビスト (意味不明だよ何だそれは w) の松浦達也氏.
 サンテオレ,東京チカラめし,アンナミラーズは,食品業界ではほんのちょっと話題になったから,食品会社にいた私は,名前だけは知っているが,これらの店で何か食べたことはない.店舗数の多かったドムドムハンバーガーは別として,サンテオレと東京チカラめしはチェーン店だといっても知らない人が大半だと思う.ましてやアンナミラーズなんか,最初から絶滅危惧種だ.
 筆者二人が絶滅したチェーン店として挙げているイエスタデイとすかいらーくは,別に絶滅したわけではない.再編成しただけだ.
 残りの絶滅チェーン店の中で,よく知られていたのは神戸らんぷ亭だけで,あとは一般には無名だったもの.こうしてみると,この記事に書かれている絶滅危惧チェーン店とか絶滅チェーン店とかの話には無理矢理感が強い.
 今の話題に取り上げるなら,いきなりステーキの現状ではないか.読者はそれが知りたいと思う.

|

« 昭和天皇実録 | トップページ | 自然葬 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無理矢理な記事:

« 昭和天皇実録 | トップページ | 自然葬 »