« コンビニは朝七時から夜十一時まででよい | トップページ | 昭和天皇実録 »

2019年3月14日 (木)

戸塚 菊屋食堂

 横浜市図書館へ出かけた帰り,東海道線下りを戸塚駅で降りて昼飯を食うことにした.戸塚駅は久しぶりだ.土地勘がないので,駅に隣接したショッピングモール (トツカーナ) の中をウロウロしてみた.この商業施設は,大きな雑居ビルというべきもので,おしゃれ感が皆無だ.元々戸塚駅の西口再開発にあたり,西口にあった雑多な商店群がノーコンセプトで移転入居しただけなので,オープン当初から既に寂れた雰囲気が漂っていた珍しいショッピングモールである.Wikipedia【トツカーナ】にもノーコンセプトのことを書かれてしまっている.w
 二階をぐるりと回ったら,細い通路が露地のようになったわかりにくいところに「菊屋食堂」という店があった.店名は大衆食堂みたいだが,U字型のカウンターの周りに椅子を配しただけの,食堂と呼ぶよりは狭い牛丼屋みたいなパッとしない店構えである.

『食べログ』を見ると,昨年夏に「ここもかちん」という人が,☆3.7と激賞したレビュー

圧倒的にビーフカレーを注文するお客様が多いです
カレーはコクがあって、ほんのり辛くまろやか。カレー専門店にはない上品さがある。そう、喫茶店のカレーなのに、ホテルのカレーのような
 
と書いている.ふーん,この店はカレーがウリなのかと思いつつ中に入ると券売機があった.カレーの「中」(七百円) と,「ここもかちん」氏に倣ってトッピングにメンチカツ (二百三十円) の食券を購入し,席に着くと,中年の愛想のよい女性が接客係だった.濃い色のカレーソースに似たダークブラウンのポロシャツが制服のようであった.w

 で,食券を彼女に渡すと,辛さはどうするかと訊かれたので,これまた「ここもかちん」氏と同じ「一辛」を頼んだ,辛さは甘口,普通,一辛,二辛があるみたいで,すると一辛は中辛に相当するのだろうと思ったからである.
 ランチタイムは,マカロニサラダと茹で卵が無料サービスだという.あと,コーヒー (ホットまたはアイス) またはスープも無料.
 さて,カレーだからすぐ出てくるかと思っていたのだが,接客係のおばさんが「いまメンチカツを揚げてますので少し待ってくださいね」と言った.へー,揚げ置きじゃないんだ,と感心した.そして,ちょっと長めの待ち時間ののちにカレーライスが私の前にやってきた.
 その皿を見て私は軽く後悔した.「中盛」の飯の量が大盛だったからである.見た目で飯茶碗に三杯はあり,普通のカレー屋のライスの二倍量はあったのだ.それにメンチカツがトッピングされている.食いきれるかなー,と不安になった.
 だが,自分が注文しておいて食い残すわけにはいかない.私は気合を入れて食い進んだ.

 食い終わっての感想だが,上に記した『食べログ』のレビューでは「一辛」について《ホテルのカレーのような》とあったが,それは嘘だと言わざるを得ない.どう褒めても☆3.4がいいところで,とてもホテルのレストランで供される一皿二千円以上はするカレーには遠く及ばず,どちらかというと酸味がある某業務用のカレーに近かった.
 菊屋は,店構えの見た目通り,大衆的なカレー屋であった.コストパフォーマンスはいいけれど,年寄りには向かない.頑張って平らげたが,食い過ぎて胸やけが止まらない.この店にもう来ることはないだろうが,ごちそうさまでした.

|

« コンビニは朝七時から夜十一時まででよい | トップページ | 昭和天皇実録 »

外食放浪記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸塚 菊屋食堂:

« コンビニは朝七時から夜十一時まででよい | トップページ | 昭和天皇実録 »