« お箸の国の人なのに (六) | トップページ | 戸塚 菊屋食堂 »

2019年3月13日 (水)

コンビニは朝七時から夜十一時まででよい

 昨日の BUSINESS INSIDER JAPAN に,溝上憲文というジャーナリストが《【コンビニ24時間営業論争】バイト代高騰でオーナーは経済的にも厳しく。ビジネスモデルの岐路 》(掲載日 2019/03/12 05:05) を書いていた.
 この記事は,今問題になっているコンビニの二十四時間営業について特に論評を行ったものではなく,現状の解説であるが,他のメディアによる報道と齟齬なく要領よくまとめている.
 溝上氏は結語で次のように書いているが,正論であり同感である.
 
長引けば長引くほど、加盟店主に限らず本部側も含めて双方が痛みを伴う。
何よりも憂うべきはコンビニのビジネスモデル自体が社会環境の変化によって機能不全に陥ってしまうことである。争うよりも双方が納得する解決策を早急に見出すことが必要ではないか。

 
 さて,最近は鎮火したようだが,例のバイトテロ炎上騒ぎの時に,バイトテロをやったアルバイト店員を擁護する論調がネットでは多かった.彼らネット上の評論家は,バイトテロの真の原因は,安すぎる時間給であると書いた.すなわち時間給を上げれば解決すると述べたのだが,ものを知らぬにも程があると私は呆れた.バイトの時間給を上げたら,現状のコンビニは破綻し,個々のフランチャイズのコンビニは廃業せざるを得ないに決まっているからである.それほど個々のコンビニは経営が苦しい,儲かっているのはコンビニ本部だけだということは常識ではないか.
 この現状を変えるには,二十四時間営業をやめるしかない.それで浮いた賃金差額は,切実な事情を持っている例えばシングルマザーや,リストラされた男性たちの待遇改善に充当するのがよい.こういう人たちは絶対にバイトテロをしない.バレて首になったら困るし,基本的な社会常識は心得ているからである.どうせスマホ通信費や遊ぶ金欲しさで店員をやっている馬鹿が多い大学生なんかはリスクが高いから,そもそも雇わないことだ.雇うなら,親が低所得者層である者に限る必要がある.
 アルバイト店員たちを擁護する立場の論評にはもう一つの型があった.それはテレビ番組のコメンテーター連中で,バイトテロの炎上はSNSが原因だと説くものだった.すなわちこの立場の評論家連中は,ネットに上げれば拡散は必至なのだから,それを若い人たちによく教えなければいけない,と語った.
 愚かなことを言うものだと私は思った.最近の例では,特にセブンイレブンの「おでんを鍋の中に吐き出す」バイトテロが最悪であった.これはSNSが云々の話ではなく,食品衛生法違反という歴とした犯行なのである.反省すればいいというレベルの話ではなく,消費者に実害があるのだ.
 アルバイト店員が悪いのではない,あの程度のことは昔から店員はやっていたとし,騒ぎになったのはSNSが原因だとする,この手の浅はかなことをテレビでしゃべったのは,元NHKエグゼクティブアナウンサーの堀尾正明,お笑い芸人のカンニング竹山らである.カンニング竹山は自分もやったことがあると語った.特に堀尾は最低で,あのバイトテロ動画は,炎上したから問題視されているが,ただのおもしろ動画に過ぎないと言ってのけた.阿呆である.どこの馬の骨ともわからぬ低能野郎が口に入れて吐き出した おでん を食ってみろと堀尾に言いたい.
 何の見識も学もないのにテレビに出て愚にもつかぬことをしゃべって巨額の泡銭を稼ぎ,額に汗して働く世界を知らぬ連中はこれだから困る.低所得者層であるコンビニ経営者を廃業に追い込むバイトテロ店員は,擁護する価値がない.
 それにしても,大戸屋は有言実行で従業員研修を実施したからいいが,くら寿司やセブンイレブンは法的措置をとる (告訴する) と断言しておきながら,その後の動きがない.バイトテロ店員を擁護する論調がメディアの主流なので,ああ言ってはみたものの,沙汰やみになるのを待っているのだろう.

|

« お箸の国の人なのに (六) | トップページ | 戸塚 菊屋食堂 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニは朝七時から夜十一時まででよい:

« お箸の国の人なのに (六) | トップページ | 戸塚 菊屋食堂 »