« 傑作の復刻 | トップページ | 鎌倉 プランデルブ北鎌倉 »

2018年3月22日 (木)

国宝鑑賞の旅

 私は阪急交通社とクラブツーリズムのメルマガ (正確には広告宣伝誌だ) を購読している.
 両社から毎日のように送られてくる旅行案内を読んでいると,クラブツーリズムは高齢者のニーズをよく把握しているなあと感じる.
 例えばの例を挙げると,阪急交通社が現在募集中のツアーで次のようなものがある.
デラックスクラスホテルに泊まる!びっくり上海3日間 19,700円
(今日現在の商品説明ページへのリンクを張っておく)
 このツアーの内容紹介文から以下に引用する.
 
・3日間で内容充実の蘇州・無錫・上海観光にご案内!朝出発/夜到着のため滞在時間たっぷり♪
 ・上海料理や飲茶料理を含む計6回の食事付 (朝2回・昼2回・夕2回/機内食は除く) !
 ・阪急交通社創業70周年を記念して・・・驚きの19,700円にてご案内!
◆こだわりポイント1◆ホテル
1泊目無錫、2泊目上海とも当社基準デラックスクラスホテルにご宿泊!ゆったりとお過ごしください。(これは誤りで,実はスーペリアクラス)
◆こだわりポイント2◆空路
往復直行便利用!わずらわしい乗り継ぎなし!約2時間半で上海に到着!
◆こだわりポイント3◆食事
現地全食事付! (朝2回・昼2回・夕2回/機内食は除く) 飲茶料理や無錫料理などバラエティ豊かなお食事をお楽しみください!
◆こだわりポイント4◆観光
担当者おすすめの観光地を多く盛り込みました!!
 ・【世界遺産】ぐう園…本と詩を愛する隠れ家的庭園。蘇州9つの古典園林の一つです。
 ・【世界遺産】京杭大運河…2014年に新しく世界遺産に登録された2500年余の歴史を持つ運河です。
 ・豫園商城…発展を続け、高層ビルの建ち並ぶ上海の中に明代に造られた街並みが残る場所です。
 ・外灘…西洋式高層建築が建ち並ぶかつての政治と行政の中心地です。
 
 「担当者おすすめの観光地を多く盛り込」んだ上海三日間のツアーが二万円を切る価格だから,そりゃ確かに「びっくり上海」だ.深い興味を覚えたので,旅程を詳しく見てみた.
 旅程説明に書かれている内容を逐次的に解説するのは止めておくが,結論としてこのツアーは,トイレ休憩まで「散策」などと称して「担当者おすすめの観光地を多く盛り込」んだことにしている.そしてツアーの「重要事項」に《※当コースは観光中に最大4ヵ所の土産店へご案内させていただくことが条件となっております》としている.
 すなわちこの「びっくり上海」は,昔ながらの旅行土産店引き回しツアーなんである.
 こういう古臭い企画の商売をしているから,業界第六位の地位に甘んじているのだと思う.
 
 これに対して業界第三位の KNT-CTホールディングス (旧近畿日本ツーリストを母体とする持株会社で取扱額業界第三位;ちなみに第一位はJTB,二位は楽天) 傘下の事業会社であるクラブツーリズムは,単なる旅行代理店ではない何でもありな社風のようで,Wikipedia【クラブツーリズム】に次のように書かれている.
 
従来からある店舗営業型の旅行業とは違い、新聞広告や会員情報誌で旅行商品を提供して電話やインターネットで申し込みを受け付けるダイレクトマーケティングを主力とする。取扱品目としては、主に中高年向けの国内外ツアーを主催している。会員情報誌「旅の友」の配布によるメディア販売を中心としており、店舗販売の比率は少ない。「旅の友」は「エコースタッフ」と呼ばれる独自の配達員によって会員宅へ配布される。エコースタッフもまたクラブツーリズムの会員である。顧客が情報誌を周辺の顧客に配るというユニークなシステムであり、現在約8,000人を数える。また、趣味のサークル活動やカルチャーセンターも主催しており、旅行だけに留まらない会員組織化を進めているのが特徴である。
 
 カルチャーセンターどころか家事代行サービスまでやっている.(笑)
 上の引用に《主に中高年向けの国内外ツアーを主催している》とあるが,中高年の知的関心のツボを押さえた企画を色々と提案している.
 で,昨日はその企画の一つである《『定期講座「国宝」 第1回 「奈良の世界遺産 法隆寺・東大寺」編』に参加してきた.講師は有名な橋本麻里さん.
 この講座はただの講演会ではなくツアーという位置付けで,下の画像は案内書のリーフレットと旅行案内明細書だが,普通なら「講演会場」と書くところを「集合場所」,また「開催日」を「出発日」としたり,あるいは「最少催行人員」と書いたりするセンスはなかなかいい.
201803221
201803222
201803223_2
 講座のテキストとして小学館『週刊 ニッポンの国宝100』(一冊六百八十円) が二冊も付いて二千五百円は破格の安さである.この日のツアー (笑) 参加者は二百人だったが,売上から講師謝金を引いたら多分利益は出ていないはず.ということは,この講座は「神社仏閣巡りの旅」というツアー企画の販促なのだろう.
 さてその「神社仏閣巡りの旅」がなかなか格調高いのだ.
 例えば《<神社仏閣めぐりの旅>『<30名限定・ハイキング中級>小学館協力企画 3つの国宝 「三佛寺投入堂」「出雲大社」「浄土寺阿弥陀三尊像」 2日間』: 59,900 円 ~ 64,900 円 》 を見て頂きたい.上海で土産物店を引き回されるツアーとはエライ違いだ.www
 『国宝』講座には今後も参加する予定だが,講師の橋本麻里先生が講座だけでなく神社仏閣ツアーに同行してくれるなら十万円出しても参加する.www

|

« 傑作の復刻 | トップページ | 鎌倉 プランデルブ北鎌倉 »

冥途の旅の一里塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝鑑賞の旅:

« 傑作の復刻 | トップページ | 鎌倉 プランデルブ北鎌倉 »