« BCL 残照 (一) | トップページ | かわいそうな大磯の中学生 (三) »

2017年9月27日 (水)

同綴異義語"diet"

オンライン・ダイエットセミナー 》と題したウェブサイトにこんなことが書かれていた.

【ダイエットの意味】
 ダイエットって、いつ頃からこんなにも頻繁に使われる言葉になっちゃつたんでしょうか。ダイエットとは、もともと糖尿病患者などへの食事療法を指した英語で、語源は「政策」とか「方針」を意味します。
  健康な体を取り戻すため、食事習慣や生活習慣を改めましょうという事です。普通の人があまり口にする言葉ではなかったのが、今日では体重を減らす事全般にダイエットという言葉が使われるようになりました。

 ものを知らないというのはほんとに恥ずかしい.
 無知それ自体が恥ずかしいのではない.大抵の無知な者がずっと無知であり続けるのは,調べるということを疎かにするからで,調べるためのわずかな手間を惜しむという,その怠惰な精神が恥ずかしいのである.
オンライン・ダイエットセミナー》の筆者は "diet" の語源について《語源は「政策」とか「方針」を意味します》と書いているが,中学生でも高校生でも社会人でも,言葉の意味を調べることの基本は辞書だ.ならばどこの辞書に「政策」だの「方針」だのと書いてあるのだ.「政策」とか「方針」は,一体どこからコピペしてきたのだ.馬鹿者め.
 と呆れつつネットを検索してみたら,《medical diet 》というウェブページの冒頭に

ダイエットの語源は、政策や方針を意味します

と,全く同じ文言があった.
 どっちが先か後かわからぬが,これはダイエット界でコピペされて広まった誤謬と思われる.探せばいくらでも色んなブログや,ある美容師業界のサイトなどに,金太郎飴の如く同じ文章が出てくるのが情けない.
 さらには,駒澤大学の女子学生が書いた卒論 (ゼミ論文;microsoft word 文書) にまで

まずダイエットという言葉の語源ですが、“政策”とか“方針”といったことを意味しています。

とあった.こんなコピペして半日で書いた論文で卒業した女の子が,自分のブログに「ダイエットの語源は、政策や方針を意味します」なんて書いてるんだろうなあ.

 さて日本語では,語源の異なる同綴異義語は異なる漢字で書く習慣があるからわかりやすい (その一方で,語源が同じなのに慣習的な漢字表記が全く異なることも多くてややこしい) が,英語はちゃんとした辞書で調べないと語源がわからない."diet" もその一つだ.

 Wikipedia【ダイエット】に以下のように記述されている.

原語の定義と語源
「ダイエット」は、英語の diet の音訳。現代英語では1.a「規則的に(=regularly)用意されたり食べられる飲食物」、b「habitual nourishment 習慣的な栄養摂取。(食習慣)」、c 特定の理由で行われる食事の種類や量の規定(規制)2. 徐々に体重を減らすための 飲食による療法(治療指示、治療計画)。
語源については、古代ギリシア語の δίαιτα (diaita ディアイタ、「生活様式(生活習慣)」「生き方」)がある。このdiaitaという語はdiaitasthai(生活を導く、リードする)やdiaitan(分離する、(飲食物を)選ぶ)という語と関係がある。このギリシャ語diaitaがラテン語の diaeta、中世ラテン語のdieta(日々の仕事、食事の許容(量))、古フランス語の13世紀ころのdieteを経て、英語に入った。
英語の diet には、同綴異義語があり、「(現代ではデンマーク・スウェーデン・日本などの)国会」(通例 the Diet と綴る)等の意味もある。(日本の国会議事堂駅は、「The Diet Building」と表記。)これは、「日程」「日々の勤め」等を意味するラテン語 dieta に由来する。dieta は、ラテン語 dies(「日」の意)の派生語として扱われていたが、実際には、前掲のギリシア語に由来する diaeta のヴァリアントであって、従って、英語の二つの diet は同根の語源を持つ。

 また研究社の「リーダーズ英和辞典」は,同綴異義語を別の項目として区別し,次のように書かれている.

di・et 1
n
 1 日常の飲食物[飼料], 食餌, 食物; 《治療・体重調節のための》規定食, 治療食, 低カロリー食(品); 食餌[食事]療法, ダイエット.
  ・a meat [vegetable] diet 肉[菜]食.
  ・be on a diet 規定食を取っている, ダイエットしている.
 2《テレビ番組・娯楽などの》いつも与えられるもの, お決まりのもの.
vt 〈患者〉に規定食[治療食]を取らせる; …に食物を与える.
  ・diet oneself 食養生する.
vi 規定食[治療食]を取る; 《古》 食う.
a  ダイエット用の〈食品〉, カロリーオフの.
  ・diet drink 《低カロリーの》ダイエット飲料.

diet 2
n [the D‐] 《かつてのデンマーク・スウェーデン・ハンガリー・プロイセンなどの》 (地方)議会,《日本の》国会 (cf. →PARLIAMENT, →CONGRESS); 《スコ》 開廷日, 会議日; 《スコ》 開廷期, 会期; 《神聖ローマ帝国の》帝国議会.

 リーダーズ英和辞典の《diet 2》の語義については,Wikipedia【ダイエット】にも書かれていない事柄が,国会図書館が提供するサービス「レファレンス協同データベース」に詳しく書かれている.(事例題「dietの国会という意味の語源について」参照)
 この解説は大変に参考になるが,"diet" の語源を云々するなら,ここまで調べなければいけない.そうすればどこの馬の骨が言ったことかも詳らかでない《語源は「政策」とか「方針」を意味します》などと書いて世間に恥を晒すことはなかったのである.

 いずれにせよ,"ダイエット" の英語語源が「政策」だの「方針」だとの大嘘を吐いたのが誰であるかは知らぬが,たぶんそいつは日常の飲食物を第一語義とする "diet" と,古くはヨーロッパでキリスト教会職員の会議を意味し,後に「議会」の語義が加わった "diet" とを混同していることが明らかである.
(しかしそれにしても,どこから「政策」がでてきたのか)

 私は現在ダイエットの最中なので,暇に任せてたくさんのダイエット関連ブログを閲覧したのだが,科学的批判精神に基づいて書かれているブログは,これまでたった二件しかお目にかかっていない.あとはコピペで作ったクズばかりである.
 コピペで論文をでっち上げる方法は例の小保方で有名になったが,上に挙げた駒澤大学の女子学生のゼミ「論文」もネットに書かれていることをまとめただけのもので,正しい意味での論文の「緒言」に相当するものだ.論文の最低限の形を成していない.この体たらくは最近の傾向なのか.駒澤大学では,早稲田と同じく昔からのことなのであろうか.(詠嘆)

|

« BCL 残照 (一) | トップページ | かわいそうな大磯の中学生 (三) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同綴異義語"diet":

« BCL 残照 (一) | トップページ | かわいそうな大磯の中学生 (三) »