« ブログ執筆環境崩壊 | トップページ | ビジネスマンが書く日本史とは (三) »

2017年2月13日 (月)

PC 環境復旧

 昔 (私が子供の頃) は頻繁に突然の停電があった.理由はよくわからないが,たぶん工事の際の不手際とか,台風でどこかの電線が切断されてしまったとかであると思う.
 そんな昔と比較すると,現在の家庭向け電力供給の品質は随分と優秀になったものだと思う.

 停電によって私たちが蒙る被害についていうと,一般の家電は,突発停電になっても内蔵時計がリセットされてしまう程度の影響があるくらいなもんだが,PCはダメージを受けることがある.
 私の住んでいる辺りで一昨日,数分間の突発停電があり,折悪しく使用中だった四台のマシンに種々のトラブルが発生した.
 結局,破損したドライバ類は入れ直してソフトウェア的な復旧はできたのだが,物理的被害もあって,液晶ディスプレイがやられた.
 液晶ディスプレイの故障としては希な例だと思うが,PCからディスプレイへのデジタル映像出力のうち,高解像度の信号だけを受け付けなくなったのであった.
 症状としては,Windows の「ディスプレイ設定」で解像度設定のドロップダウンリストに 1280x1024 以下の選択肢しかなくなってしまったのである.
 最初は原因がわからず頭を抱えたのであるが,もしやと思ってアナログ接続出力 (グラボの D-sub15ピンアウトレット) にしてみたら,こちらは全く問題がなかった.
 ネット情報では,モニター関係のトラブルとしてはビデオドライバのことばかり解説されていて,液晶ディスプレイの入力回路の破損の例は探したけれど見当たらない.そういう希な故障が存在するということを書いておけば,誰かの役に立つかも知れないと思ってここに記しておく.

 ちなみにすぐに amazon で iiyama の ProLite XU2492HSU を購入してディスプレイを交換し,私のPC環境は復旧した.
 ただし,この iiyama のディスプレイは,ホワイトが少し黄色味がかっていて,人によって好みがわかれるのではないだろうか.私はあまりこの色味は好きでないが,店舗で吟味してから買う余裕がなく,復旧を急いだので致し方ない.

|

« ブログ執筆環境崩壊 | トップページ | ビジネスマンが書く日本史とは (三) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PC 環境復旧:

« ブログ執筆環境崩壊 | トップページ | ビジネスマンが書く日本史とは (三) »