« 続・ゴキブリ缶 (三) | トップページ | 続・ゴキブリ缶 (四) »

2016年11月 6日 (日)

銀河

 昨日放送された日本テレビ「世界一受けたい授業」に,同局の24時間テレビドラマ「盲目のヨシノリ先生」のモデルになった教師新井淑則氏が国語問題の出題者として登場した.
 番組中,新井先生が出題したクイズ問題の一つに「銀竹とはなんでしょうか」があった.正解は「つらら」だが,先生から「他には銀花という言葉もありますね」というコメントがあった.

 それはそれとして,番組を観ていてふと思い出したのだが,私は四十を過ぎたいい歳になるまで,同じように「銀」を含む言葉「銀漢」の意味を知らなかった.
 この言葉を知ったのは,都はるみの「古都逍遥」(1994年,作詞;たかたかし,作曲;弦哲也) を初めて聞いた時で,歌詞に《銀漢冴えて水清く》とあるのが理解できなかったのだった.
 すぐに調べたら,銀漢は銀河のことであった.
 ここで「漢」は,アジア最長の大河「長江」のそのまた最大支流である「漢水 (漢江)」のことであるという.
 なぜ銀河を,他の大河ではなく漢水にたとえたのかはわからない (出典を御存知のかたに教えて頂きたく思う) が,きっと漢水は,堂々たること天の銀河の如き流れであるのだろう.この目で見てみたいとは思うが,叶わぬ夢である.

|

« 続・ゴキブリ缶 (三) | トップページ | 続・ゴキブリ缶 (四) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀河:

« 続・ゴキブリ缶 (三) | トップページ | 続・ゴキブリ缶 (四) »