« 豊洲の地下水は水位下がらず | トップページ | 他人様の金を何だと思っている »

2016年10月21日 (金)

甘い梅干に困惑している

 最近,歳をとると食い物の好き嫌いがかわるんだなーと実感したことがある.

 昔は梅干しといえば,梅の実を塩と紫蘇で漬け込んで真っ赤に色付けしたもののことだった.
 それがいつの間にか,昆布梅,鰹節風味の鰹梅,蜂蜜を加えて甘くした「はちみつ梅」など色んなバリエイションができた.

 食品の規格などを定めているJAS法という法律では,伝統的製法によって製造された梅干しを「梅干」,近年製造されるようになった調味加工品を「調味梅干」と表示するよう義務付けている.
 私は伝統食品については原理主義的傾向があって,法的な定義による「梅干」のみを梅干しであると考え,「調味梅干」なんぞは邪道の食い物であるとして断固口にしなかった.昆布梅も鰹梅も「はちみつ梅」も,表示を読めば食品添加物を使用してあるのだが,梅干しには本来そんなものは必要ないと考えたからである.(私は食品添加物許容論者であり,食品添加物の使用が不可欠であればどんどん使えばいいと考える.しかし不必要なものに使うのは反対する)

 それがつい最近,ひょんなことから岡畑農園という業者が製造販売している「幻の梅」という商品を食べて,思ったよりうまいじゃんと思ってしまったのだった.
 この業者のサイトに掲載されている「幻の梅」の表示を下に転記する.

梅、漬け原材料(食塩、麦芽糖、蜂蜜、醸造酢)、トレハロース、甘味料(キシリトール、スクラロース)、酒精、ユッカ抽出物

 とまあロクなもんじゃない (*) のだが,一つ食べるとついつい二個三個と食べてしまう.
 ジャンクフードだと承知していながら,時折ケンタッキーのフライドチキンを買って食べてしまうのに似ている.(違)
 いま私の冷蔵庫には内容量一キログラムの大きな「幻の梅」が一箱入れてあるのだが,これを一ヶ月くらいで食べてしまうかも知れない.困ったものである.

(*)漬け原材料(食塩、麦芽糖、蜂蜜、醸造酢)》と意図的に一まとめにして書いてあるのでわかりにくいが,おそらく蜂蜜は申し訳程度にしか使用していないと思われる.それでも,他の業者の製品に比べると,甘味料の使用技術は上手のようだ.他の業者の「はちみつ梅」で,口に入れたとたん,あまりにもあからさまな甘味料の味がして,吐き出してしまったものがある.それに比較すればこの「幻の梅」,ジャンクフードとして大変よくできている.誉めてるのか貶してるのかわからぬが,まあそういうことである.

|

« 豊洲の地下水は水位下がらず | トップページ | 他人様の金を何だと思っている »

食品の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘い梅干に困惑している:

« 豊洲の地下水は水位下がらず | トップページ | 他人様の金を何だと思っている »