« 一切は (補遺) | トップページ | 現実と虚構 (二) »

2016年9月10日 (土)

口と顔は悪い私に神は生きよと

 私が二年前に心臓バイパス手術を受けた時,冠動脈に繋げた血管って,どのくらいもつのかなあと疑問に思った.手術そのものは優れた医師に執刀していただけるのであるから成功間違いなしとしても,問題はその後だ.
 バイパス移植した箇所にまた狭窄が生じたら,これはもう観念したほうがいいのかなと思ったのである.
 それで,このブログのカウンターは六桁だが,十万ページビューいかないうちに西方浄土からお迎えが来るかも知れぬと不吉な予想を立ててみたのだった.
 ところが,口と顔は悪いが心根は清く正しく美しい私を神仏もご照覧あったか,術後の経過観察には全く問題がないようで,つまり今後の余命についてはかなり安心してよいと思われる.
 キリ番ではないが,ここに画像を立てて,とりわけ定期的に閲覧を頂戴している読者の皆様にお礼申し上げる次第です.

10000pageview20160910

|

« 一切は (補遺) | トップページ | 現実と虚構 (二) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口と顔は悪い私に神は生きよと:

« 一切は (補遺) | トップページ | 現実と虚構 (二) »