« 環境破壊雑感 2016/9/20 (1) | トップページ | ドイツの傘は質実剛健か »

2016年9月20日 (火)

環境破壊雑感 2016/9/20 (2)

 今日の昼,フジテレビのバラエティ番組「バイキング」で《豊洲地下空洞の謎…元副知事&都議が解説》と題したコーナーがあった.

 これに出演した東京都環境公社非常勤理事・長谷川猛氏は次のように語った.

(1) 問題になっている地下空洞には,地下水レベルを測定する設備があり,この測定値が地下空洞の床よりも高くなると,地下水を汲み上げて,浄化施設に送るようになっている.浄化施設では,環境汚染物質が含まれていれば除去して公共水域に捨てる.
(2) 従ってこの設備が完成すれば,地下空洞に地下水が侵入することはなくなるのだが,現在は試運転中のため,地下水が床にたまっているのである.

 これはこれまで新聞にもテレビ,ネットニュースにも報じられていない情報と思われる.報道されたかも知れないが,私のような一般人には初耳である.
 豊洲新市場の設備に地下水浄化設備があることは知っているが,これが実は地下水レベルを検知して地下空洞に地下水が侵入するのを防ぐためのものであるとは知らなかった.
 これは地下空洞の評価に関わる大変重要な情報であると考えるが,それではなぜ,東京都のしかるべき関係者がメディアに対してオフィシャルに公表しないのであるか.長谷川猛氏は東京都環境公社非常勤理事であるから都の内部の人ではあるが,責任ある立場とは思えない.しかも発表の場が民放テレビのバラエティ番組とは,納得できない.

[補遺]
 上に書いたバラエティ番組「バイキング」のすぐあとに放送された「直撃 LIVE  グッディ」でも豊洲問題が取り上げられ,出演した安藤優子さんが「今後,地下にたまった水をどのように排出するか,どうしたらたまらないようにできるかが議論になるでしょう」という趣旨の発言をしてこのデーマを締めくくった.
 ということは,安藤さんは「バイキング」で放送された東京都環境公社非常勤理事・長谷川猛氏の発言,すなわち元々から地下空洞は地下水が侵入しない設計になっており,現在は試運転中であるから一時的に水がたまっているのであるという説明を聞いていない.フジテレビは一体どうなっているのか.

|

« 環境破壊雑感 2016/9/20 (1) | トップページ | ドイツの傘は質実剛健か »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境破壊雑感 2016/9/20 (2):

« 環境破壊雑感 2016/9/20 (1) | トップページ | ドイツの傘は質実剛健か »