« 環境破壊雑感 2016/9/15 (1) | トップページ | 環境破壊雑感 2016/9/15 (3) »

2016年9月15日 (木)

環境破壊雑感 2016/9/15 (2)

 今日午後のテレビ報道によれば,豊洲新市場建屋の地下空洞にたまっていた水を,共産党都議団がサンプリングし,分析機関に分析依頼したのであるが,その結果は明日には出るという.
 これに対して小池知事は,都が行う分析には一週間ほどかかると昨日発言していた.

 本当のところはどうかというと,環境汚染物質の分析というのは共産党が言うとおり,それほど時間を要しないのである.
 分析料金は少し高くなるが,私たちが民間分析機関に分析を依頼する際に通称「特急料金」というオプションを選ぶと,技術力の高い機関なら一日で結果を出してくれるところもある.分析試料の持ち込みにかかる時間を込みにして二日でやってくれるのだ.
 これはその試料を最優先で分析してくれるということであって,簡易的な分析方法で行うわけではない.分析方法自体は公的に定められたものであって,手抜きはできないのである.

 その観点からすると,小池知事がテレビ取材に対して,簡易分析ではないから分析結果が出るのに一週間を要すると答えたのは奇妙な印象である.
 理由として一つには,知事がリオに出張せざるを得ないスケジュールであるため,帰国してからレクチャーを受け,それから分析結果公表のやり方について検討するのに時間が必要だということか,あるいは二つ目の可能な理由として都知事付スタッフに「一週間かかります」と騙されているか,どちらかだろう.東京都の機関が最優先全力で分析を実施すれば,民間分析機関よりも迅速に一日で結果を得ることも可能ではないかと思う.

 おたおたしていると,知事よりも共産党都議団が問題解明の主力となるだろう.豊洲問題に関与してきた官僚が小池知事の足をすくって邪魔するということは充分に考えられる.
 この種のことは共産党のお家芸であるから,共産党に任せてもいいような気がするが,しかし豊洲問題は小池知事も前から言及しているところであり,ここは一つ共産党とタッグを組むくらいの姿勢で知事の奮闘を望みたい.

(話は全くべつのことだが,映画「シン・ゴジラ」に小池知事が協力したことが余程気に食わないのか,石破茂元防衛庁長官が執拗に「シン・ゴジラ」批判を繰り返している.これを提灯持としてヨイショしているのが日経新聞だが,両者共にもう少し冷静になれと言いたい.この石破氏のアホさ加減については別稿で触れる)

|

« 環境破壊雑感 2016/9/15 (1) | トップページ | 環境破壊雑感 2016/9/15 (3) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境破壊雑感 2016/9/15 (2):

« 環境破壊雑感 2016/9/15 (1) | トップページ | 環境破壊雑感 2016/9/15 (3) »