« 藤沢 かつや南口店 | トップページ | 会津の旅 (十七) »

2016年5月 7日 (土)

海軍ベーコンカレー

 今週の水曜日の四日,関東地方に猛烈な南風が吹いて,道を歩いてると吹き飛ばされそうなお天気だった.快晴なのに洗濯物は部屋干しにせざるを得ないし,街歩きも億劫なくらいな風なので,飯は自炊することにした.そうなると何となくカレーが食いたい雰囲気だったので,カレーに決めた.

[材料]
  新じゃがいも 中 二個
  玉ねぎ    大 半分
  ベーコン切り落とし (プリマハム) 100g
  グリコジャワカレー スパイシーブレンド 二片

 特に変哲もない材料だが,先日スーパーでプリマハム製ベーコンの切り落としが安かったので何個も買った.これを肉じゃがの肉の代替に使ったら結構うまかったので,常備しようかと思っている.
 にんじんが入っていないのは,にんじんを切らしていただけで他意はない.

 作り方も特に工夫などはない.グリコジャワカレーのスパイシーブレンドは初めてなので様子 (辛さとトロミ) がわからない.テキトーに,ふたかけらをぶち込んだ.

 で,味見をしてみたら,かなり辛く,粘度は低くサラサラ状態だった.
 私の好みではもう少し粘度が高いほうがいいので,辛さと粘度を調節するためにレトルトカレーをぶち込むことにした.
 被災時のためにレトルトカレーはかなり備蓄してあるが,ローリングストックする必要があるので,こういう時にどんどん消費したいものだ.

 レトルトカレーはエイ・エイ・ピー・シー・ジャパン株式会社の「よこすか海軍カレー」である.これはホテルチェーン企業らしく,食品業界ではあまり知名度のない会社だ.レトルトカレー業界には OEM を受ける専門の会社があり,レシピとパッケージを供給すれば誰でも作ってもらえる.この「よこすか海軍カレー」はたぶんそれだ.
 買ったときの記憶がないが,たぶんスーパーで叩き売,もといワゴンセールされていたものだろうと思う.
 このカレーは,レトルトパウチを開封したら,中身はクリームシチューのような白っぽい色をしていた.箱に《大日本帝國海軍版「海軍割烹参考書」 (*) 参考》とあるからには,インド風ではなく,小麦粉でルーを作って加えた海軍式カレーで,見た目からしてあまり辛くないものと推測された.今回の用途には最適であろう.

20160504b
(*) 海軍割烹参考書とあるが正しくは「海軍割烹術参考書」である.
  その誤りを示すためにパッケージの表の面を引用する.
  この書名を正しく知らないということは,このメーカーが
  カレー業界の素人さんであることを示している.

 さて最終的に三人前になったこのカレー,味はかなりうまかった.
 切り落としベーコンが功を奏したかグリコジャワカレーのスパイシーブレンドが良かったのか,はたまた「よこすか海軍カレー」の功績なのかわからぬが,それはともかく件の「よこすか海軍カレー」はアマゾンで入手できる.お試しくだされ.

20160507c

 じゃがいもをゴロゴロと盛り付けてみた.こうすると翌日また食べるときは玉ねぎばかりになる.つまり一度の調理で二種類のカレーができる.これが私の工夫だ.どんな工夫だよ.

|

« 藤沢 かつや南口店 | トップページ | 会津の旅 (十七) »

外食放浪記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海軍ベーコンカレー:

« 藤沢 かつや南口店 | トップページ | 会津の旅 (十七) »