« 会津の旅 (十一) | トップページ | 幼児退行してきました »

2016年4月 8日 (金)

ダメ偉人

 一昨日の水曜日,TBSテレビの番組「世界を変えたダメ偉人」を観た.
 番組の内容は,夏目漱石,エイブラハム・リンカーン,葛飾北斎,サルバドール・ダリ,リヒャルト・ワーグナーらの私生活における変人ぶりを紹介するというもので,出演者はオードリーの若林正恭,高畑淳子の長男の高畑裕太,宮澤元総理の孫の宮澤エマら.
 変人ぶりの紹介というのは,彼らの子とか孫が登場して暴露するという設定だ.子孫は映画試写会のようなシートに腰掛けていて,これはNHK「ファミリーヒストリー」のパロディだ.

 漱石,リンカーン,北斎,ダリの私生活のエピソードは割とよく知られているが,私はワーグナーのデタラメな人生については詳しいことを知らなかったので,そこはへぇ~と思って面白かった.

 それぞれの偉人について専門家が解説するのだが,その専門家が出演者に質問をする.
 これに高畑裕太がボケて,宮澤エマが正解するという進行だったのだが,高畑裕太のボケ味がなかなかよかった.
 例えば解説の先生が「北斎はマネやモネなどの印象派の画家に大きな影響を与えました」と言うと,高畑裕太が「マネとモネって,グリとグラみたいなのですか」と言う.彼は俳優を目指しているのだろうが,本腰でお笑いの道に進んだらどうかと思った.

|

« 会津の旅 (十一) | トップページ | 幼児退行してきました »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダメ偉人:

« 会津の旅 (十一) | トップページ | 幼児退行してきました »