« 会津の旅 (十三) | トップページ | 福島観光点描 (一) »

2016年4月22日 (金)

熊本地震 自己中あるいは強欲

 旅先の一昨日,福島県のローカルテレビ局のニュース番組を観た.
 その報道によれば,熊本市の熊本県民総合運動公園陸上競技場には,全国からの支援物資がたくさん集まっていたが,熊本市周辺の小さい自治体の被災者は依然として不自由な生活を強いられていた.
 テレビリポーターの阿部祐二が出ていたからキー局である日本テレビの『スッキリ!!』がソースだと思われるが,阿部リポーターが熊本市の市職員 (画面に管理職と思われる職名が出たがメモできなかった) に「他の自治体では物資が届いていないようですが,熊本市に来た支援物資を困っているところに送るというのはできませんか」と質問したところ,その熊本市職員は「この物資は熊本市に来たものですから,熊本市民に分けます」と答えた.

 昨日 (4/21),熊本市は同市のサイトに

地震に関する支援物資の搬送について
最終更新日:2016年4月21日
市民局 市民生活部 地域政策課
この度は、多くの企業や団体、個人の皆様方に、様々な救援物資をいただき、誠にありがとうございました。
お蔭様で、当面、必要となる物資を確保することができましたので、4月21日正午を持って、一旦、救援物資の受けいれを中断させていただくことといたしました。
 皆様方の善意に感謝申し上げます。

と掲示した.
 阿部リポーターの質問に「この物資は熊本市に来たものですから,熊本市民に分けます」と回答した熊本市は,自分のところの物資が足りたので,もう要りませんと断ることにしたのである.
 熊本市の周辺には,益城町ほか,職員自身が被災したために行政能力が大きく落ち込んだ小規模自治体がいくつもあると報道されている.それら自治体は,支援物資の受け入れ,仕分け,配送にも困難があるという.
 熊本市は,そのような周辺自治体に支援の手を差し伸べる気がないらしい.

|

« 会津の旅 (十三) | トップページ | 福島観光点描 (一) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震 自己中あるいは強欲:

« 会津の旅 (十三) | トップページ | 福島観光点描 (一) »