« O・ヘンリーと蕎麦 (六) | トップページ | アイナふくしま »

2016年2月 8日 (月)

どんまる~

 二年ほど前から,海鮮系の丼物を専門に販売する「丼丸」というテイクアウト店をあちこちで見かける.最近ようやく藤沢にも北口の商店街に開店したので,物は試しで買ってみた.
 この丼丸は,ウェブサイトを見ると
丼丸は一般的なFCチェーン店ではありません。各オーナーが完全に独立し一切の制約のない「丼丸」の屋号を共有した仲間同士です。全てはオーナーの裁量で価格設定から丼の種類や味付けまで異なりますが「あそこの丼丸よりもここの丼丸の方が良いよ」「なぜ同じ丼丸なのにここは値段が違うの?」「ここのシャリの方が美味しい」「あそこは感じが悪いから」「こっちの丼丸の方がボリュームはあるね」等々と言われるお客様も多くいるのです
と書かれていて,各店は《「丼丸」の屋号を共有》するだけであり,他に何も共通点のないことが消費者にとってどのようなメリットがあるのか,全く説明されていない.あるのは「売る側の論理」だけのようである.「オーナーたちは仲間意識を持ってます」と言われても,我々は「そうですか」としか言いようがない.
 自ら《…「あそこは感じが悪いから」…等々と言われるお客様も多くいるのです》と書いてしまうこの奇怪なビジネスが成功するかどうか興味はあるが,書きたいのはそのことではない.

 二十世紀の末頃,スーパーの鮮魚売り場で日がな一日中ラジカセから流れていた『おさかな天国』という歌があった.あった,などとは言うも愚かで,この歌は知らない人のほうが少ないのではないか.実に中毒性の高い歌詞とメロディーで,スーパーの地下食品売り場へ買い物に行き,家に帰るとその日は一日中頭の中に《さかなさかなさかな~ 》と無限リフレインが続いて,最後は焼け糞になって自ら歌ってしまう人々が全国的に発生したと聞く.ヾ(--;)ホントカ

 さて昨日,丼丸藤沢店に行くと既に二人の客が並んでいて,私の注文した三食丼ができるまで少し待ったのだが,その間,ずっと店頭で「丼丸ソング」というCMソングを聞かされた.
 それからというもの,ずっと私の頭の中に《どんまる~どんまる~》と「丼丸ソング」が無限リフレインしている.寝ても安眠できない.ふと気がつくと《どんまる~どんまる~》と歌っている自分がいて,怖い.

 「丼丸ソング」は,丼丸のサイトでフルコーラスを聴くことができるので,あなたもぜひ聴いてほしい.そして皆で焼け糞になって「丼丸ソング」を歌おう.

[追記] 丼丸ソングのワンコーラスだけ(YouTube) はこちら

|

« O・ヘンリーと蕎麦 (六) | トップページ | アイナふくしま »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんまる~:

« O・ヘンリーと蕎麦 (六) | トップページ | アイナふくしま »