« 飲食店の素人批評 | トップページ | O・ヘンリーと蕎麦 (四) »

2016年2月 2日 (火)

健康志向の食品広告

 先日,都内を走るJRに乗ったら,車内広告スペースが「L-92乳酸菌」で埋め尽くされていた.この乳酸菌はカルピス株式会社が開発したものであるが,その車内広告にはカルピス株式会社の社名はなぜか記載されていなかった.
 当該車内広告の一つには同乳酸菌 (のサプリメント) が「通年性アレルギー性鼻炎に効果がある」と書かれていたにもかかわらず,広告中に図示されている「鼻の症状と飲用期間」のグラフは「効果ありとは判定できない」ことを示していたので,私は驚いて腰が抜けた.

同乳酸菌の広告宣伝サイト

同菌の効果解説サイト《一年中つらい眼と鼻の症状を改善! 「通年性アレルギー性鼻炎」への有効性データ

 まず《図10》を見て欲しい.
 アレルギー性鼻炎症状は,「L-92乳酸菌」を含む飲料の飲用期間10週までは,わずかに有効 (「治療スコア」にして0.3) のようだが,このグラフが示すトレンドは,飲用期間12週になるとむしろ症状が悪化する可能性があることを示している.
 これがどういうことを示唆しているかというと,《「L-92乳酸菌」群》と《プラセボ群》が同一条件に揃えられていない,つまり未知の因子があってこれが「治療スコア」に影響している疑いがあるのだ.
 この《図10》からは
(1) 飲用期間8週まで「効果あり」のように見えるのが,これは「L-92乳酸菌」の効果ではなく未知因子の影響かもしれない
(2) 飲用期間10週時点で《「L-92乳酸菌」群》のスコアが悪化しているのは,未知因子の影響かもしれない
のどちらであるかは判定不能である.
 すなわち《8週間の摂取で、眼と鼻の症状緩和が確認されました》は,この試験においてはその通りであるが,それが「L-92乳酸菌」の効果か否かは確認できていないのである.
 従って《「L-92乳酸菌」は、通年性アレルギー性鼻炎に対しても、その有効性が実証されています》は誤りである.

 普通このような結果が得られた場合は,この試験は最初の計画通り終了しなければならないが,飲用期間を15週とか20週などの長期間にした試験計画を新たに策定し,未知因子の影響を統計処理で排除できるように試験をデザインする.
 しかるにカルピス社が飲用期間10週の試験で研究を中止し,必要な再試験を行わなかったのは「再試験すると都合の悪い結果が出てしまう」ことを恐れたものと推測される.
 カルピス株式会社がこのような恣意的な試験の結果を宣伝に使う企業であるということは,「L-92乳酸菌」の《アトピー性皮膚炎への有効性》や《花粉症への有効性》に関するデータにも疑いの目を向けたほうがよさそうである.

 このような消費者の誤認を誘うがごとき車内宣伝広告は,なぜか飲料に多い.
 最近は見かけないが,以前「血圧が気になるかたに」と書かれた飲料の車内広告があった.「血圧が高いかた」に「気休め」の製品を勧めると法違反なのであるが,「血圧が気になるかた」に「気休め」を勧めるのは罪に問われないのである.
 その飲料の広告サイトにも血圧を縦軸とする広告と同じグラフが描かれていて,確かに血圧低下効果はありそうなのだが,恣意的に縦軸の途中が大きくカットされていて,ほんの僅かな血圧低下が,さも大きい効果のような印象を与えている.収縮期血圧値134が126にわずかに低下したとして,それが健康とどのような関係があるかを消費者に示さないのは道義的問題がなきにしもあらずであると私は考える.(しかもこの広告サイトのグラフは血圧の単位を mmHgではなく,mnHg としている.グラフの描画方法にクレームがついたときに「これは当社独自の単位です」と言い逃れるためだろうか〈笑〉)

 健康管理のために血圧を自分で測定している人には常識であるが,例えば朝に起床してまだ活動開始しない状態で測るなど,測定条件に気を付けないといけない.血圧はちょっとしたことで大きく変動してしまうからだ.
 私の場合,かかりつけのむさくるしい内科の先生に測らせると拡張期65mmHg/収縮期120mmHgほどであるが,若い女性看護師さんに測定して頂くと85mmHg/収縮期135mmHgくらいになってしまう.
 このあいだ,心臓手術のフォローをしてもらっている病院での診察の際に,若くて美しい女医さんが「はい,お胸の音を聴かせてくださいね」と白魚のような指に聴診器を持って私の胸に当てたのだが,しばらく心音を聴いていた彼女が「あのー,いまドキドキしてます?」と言った.顔は平静を装っても,心拍数で下心はあらわになるとみえる.おそらく血圧は収縮期180mmHgを突破していたのではあるまいか.わははは.ヾ(--;)ナサケナイ

|

« 飲食店の素人批評 | トップページ | O・ヘンリーと蕎麦 (四) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

食品の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康志向の食品広告:

« 飲食店の素人批評 | トップページ | O・ヘンリーと蕎麦 (四) »