« 猫本と蕎麦 (四) | トップページ | 猫本と蕎麦 (五) »

2016年1月24日 (日)

官僚の魂百まで

 齢六十を越した爺さまが老人の集まりでアイドルの話に興じたりするのは見苦しいことだと思う.婆さまの場合は「かわいいお婆ちゃま」とか言ってもらえるかも知れぬが,爺いの場合は不審人物確定である.
 そういうわけで私はアイドル業界には不案内であるが,週刊文春の記事のあと世の中がSMAPで大騒ぎになっているらしいので,テレビの情報番組を覗いてみた.
 私はSMAPのメンバーについては「香取慎吾と中居正広と,えーキムタクと,あーパンツ脱いで捕まったやつと,あと誰だっけ」という程度の知識の持ち主で,リーダーが中居正広であることはつい最近知った.(ついでに中居正広と中山秀征の区別がついていなかったことを告白しておく.はは)

 で,「情報ライブ ミヤネ屋」を見たら,コメンテーターの一人が,どこの組織でもクーデターを起こした者を厳しく排除するのは当然であり,ネットでジャニーズ事務所が悪く言われているのは気の毒である,との趣旨の発言をした.番組サイトのキャスター一覧を見たら,このコメンテーターは慶応大学大学院教授・岸博幸であったが,どこかで聞いた名前だと思って調べたら,小泉政権時代に悪い評判のあった官僚だった.

 ジャニーズ事務所が悪く言われているのは気の毒だというが,そりゃ企業とか岸の古巣の中央官庁とかではそうだろう.しかし「どこの組織でも」は言い過ぎじゃないのか.例えば慶応大学は,教授が大学を批判したら排除されるのか.そんなはずはないやね.
 芸能プロダクションは,企業や官庁と同じ意味での「組織」なのかね.
 ジャニーズ事務所は,他の芸能事務所に移籍しようとした所属タレントを芸能界から追放しても当然なのかね.

 この岸博幸という男,とんでもない高額所得者で若い学生連中の人気者らしいが,頭は軽いんじゃないか.
 Wikipedia【岸博幸】には《こうした竹中との親密ぶりにより、岸は高杉良の経済小説において竹中・木村剛とともに、外資への売国的な政策を行う代表的人物としてたびたび登場する》なんて書かれているし.

|

« 猫本と蕎麦 (四) | トップページ | 猫本と蕎麦 (五) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 官僚の魂百まで:

« 猫本と蕎麦 (四) | トップページ | 猫本と蕎麦 (五) »