« 読者コメントについて (三) | トップページ | 読者コメントについて (四) »

2015年8月25日 (火)

長い前書き

 佐野眞一というノンフィクション作家は,著作における数々の剽窃盗用が明るみに出て,すっかり信用を失って過去の人になったかと思っていたら,そうでもないらしい.週刊文春の先週号に佐野の「特別寄稿 沖縄の怪物 大田昌秀の70年」が掲載されていた.

 私の中では,平気で盗用やら剽窃をする佐野はもう全く最低の物書きであるので,書いていることに一々難癖をつけたくなる.
 で,以下に難癖を一つ.

「沖縄の怪物 大田昌秀の70年」の冒頭に近いところに次のような文章がある.
その記者は「加えて、大田は意外にも学歴コンプレックスの持ち主でもあるんです」と言って、こんな興味深いエピソードまで披瀝してくれた。
 グラビアアイドルのC.C.ガールズが知事室を訪問したとき、大田は開口一番、『君たち大学はどこ出ているの?
と聞いた。C.C.ガールズの一人が、『私たち、全員高卒で~す』と明るく答えると、大田は黙り込んでしまい、その場にいた全員がシーンとなってしまった。

 このあと佐野眞一は,戦前の沖縄に高等教育機関がなかったことに触れて,
これを聞いて、大田の学歴コンプレックスの根源的理由がわかった。
と書いている.まるで馬鹿である.
 佐野も,佐野に件の大田のエピソードを教えた記者も,大馬鹿野郎である.

 そのエピソードは,人間の中身ではなく見た目の美醜を金に換えて口に糊するグラビアアイドル (Wikipedia【C.C.ガールズ】 には「セクシー・グループ」とある) という職業に対する不快感を大田が露骨な態度で示したということを意味している.
 斟酌すれば大田の心中は「きちんと教育を受けたあとならばともかく,学校も出ずに何をしているのか君たちは!」だったと思われる.(グラドルに対するそのような見方が正当かどうかは別の問題であるし,私は不当だと考えるが)
 しかしそれはそれとして,佐野の文章についていえば,「学歴コンプレックス」はこういう場合に使う言葉ではないのである.佐野は作家と称しているが,日本語を知らぬとみえる.

 大田昌秀元沖縄県知事は,父親不在で母親の豆腐作りだけが収入という貧困家庭に育った.
 尋常高等小学校を卒業後したが進学する学費がなく,母校の用務員となった.母親はこの頃,その小学校の給食係として働いた.用務員はほとんど無給であったらしい.
 ところがこの時代の多くの教員が,優秀な子供を上級学校に進学させることを教育者の使命と心得ていたように,この尋常高等小学校の校長も大田を東京の工学院に進学できるよう手配してくれたという.全国にこの校長のような人物が大勢いたのが,この時代なのである.
 さて曲折あって大田はその後,工学院ではなく沖縄師範学校に進学したが,在学中に鉄血勤皇隊に動員され,沖縄戦の最後に摩文仁の丘 (参照 Wikipedia【沖縄戦跡国定公園】) で捕虜となった.
 やがて捕虜収容所から解放された大田は,嘉手納の米軍基地下士官クラブでバーテンダーをするなどの苦学をしつつ,早稲田大学文学部に進学した.
 早大在学中に渡米して米国シラキュース大に留学し,帰国後に琉球大学学長秘書となり、琉大タイムスを発刊する。
 やがて琉球大学教授となった大田は沖縄戦の歴史的研究に取り組んで『総史沖縄戦』(1982年,岩波書店) などの著作を刊行したのち,平成二年に琉球大学を辞職して沖縄県知事選挙に出馬し,現職西銘順治を破り当選したのであった.

 大ざっぱな紹介であるが,このように元沖縄県知事大田昌秀は戦争と貧困の中にあっても教育を受けることを望み,学問を志して自らの運命を切り開いてきた.学歴のことを云々するならば,大田ほどの学歴を有する者は希である.この生き方のどこに「学歴コンプレックス」があるのか.説明してみせよ,佐野眞一.
 どうやら佐野眞一は以前にも大田を揶揄する記事を書いたことがあるらしく,それはこの「沖縄の怪物 大田昌秀の70年」の冒頭に自分で書いている.この文春の佐野の寄稿文中にはさらに《那覇一のネオン街の高級クラブで…顰蹙を買っている》とか《大田の高級志向》とあり,つまるところ佐野眞一は大田昌秀を貶めたいのであると考えられる.

 で,前フリの佐野眞一のことはこれで終わって,話はいよいよ本題のC.C.ガールズだ.懐かしいなあ.調べてみたらまだ活躍している人もいるようだし,結婚して芸能界を引退した人もいる.よかったよかった.
 それはいいとして,何しに大田県知事を表敬訪問したのかがわからない.彼女たちは沖縄出身なんでしょうか.総理大臣なんかの場合は,各地の特産品○○娘さんたちが桃だとか芋だとかを持って総理に面会し,一緒に写真を撮って郷土の宣伝をしているが,C.C.ガールズは何を持参したのだろうか.
 沖縄の地場産業振興に無関係で,自分たちの新曲CD以外にな~んにも持ってこない意味不明の訪問だったら,多忙の知事が時間を割いて会う義理は全然ないわけであり,大田知事が不機嫌になって嫌味の一つも言ってしまうのは無理もないよなあと思った.

 あー鉄血勤皇隊や摩文仁の丘まで出してここまで引っ張っておいて,本文がたったそれだけか.はあ,すみません.

|

« 読者コメントについて (三) | トップページ | 読者コメントについて (四) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長い前書き:

« 読者コメントについて (三) | トップページ | 読者コメントについて (四) »