« 瑞獣かはたまた妖怪か (一) | トップページ | 復帰第一日 »

2015年4月11日 (土)

大丈夫か海野凪子

 書いてる途中の記事 (「マック崩壊」「瑞獣か…」) が二つあるのに,週刊文春の連載コラムに文句があるので,そのこと.

 週刊文春の新連載コラム「海野凪子の いまさら聞けない日本語」筆者の海野凪子という人の現在の肩書は日本語教師で,その前は高校の国語教師だったという.日本語,日本文学を題材にした著書が多数あり,Amazon のレビューでは高評価を得ている.
 で,この人が週刊文春今週号 (4/16号) に,次のようなことを書いている.

「その手は桑名の~」は諺や故事ではないので、教科書に載っていないし、学校で教わることもありません。ただこれは教養の一部で、知らないということは勉強不足なのかも知れません。
 でもこれ、今でいえば「トイレに行っといれ」とか「布団が吹っ飛んだ」と同じようなものですよね。駄洒落も年月が過ぎれば、教養になるんでしょうか。

「その手は桑名の~」を,「トイレに行っといれ」や「布団が吹っ飛んだ」などのいわゆるオヤジギャグと同一視する人を,私は初めて知った.自分の無知を棚に上げて《駄洒落も年月が過ぎれば、教養になるんでしょうか》とはどういう了見だ.「その手は桑名の~」は最初から教養であったし,「トイレに行っといれ」は百年経っても教養にはならないのだよ.
 書店に行くと著書がたくさん置かれているところをみると,かなり売れているのだろうが,この人の本を買って読んだ人がかわいそうである.

|

« 瑞獣かはたまた妖怪か (一) | トップページ | 復帰第一日 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

貴方の指摘も最もだと思うけど、「書店に行くと著書がたくさん置かれているところをみると,かなり売れているのだろうが,この人の本を買って読んだ人がかわいそうである.」
この最後の一文は余計だと思わない?
この人を貶めたい気持ちはよく伝わってくるけど、貴方は多くの読者を貶めた形でそれを表現してるのよ?
お年を召した方だと思われるけど、それならそれでもっと分別のある書き方ができなかったの?

投稿: 大丈夫か江分利万作 | 2018年5月16日 (水) 01時00分

>この人を貶めたい気持ちはよく伝わってくるけど、貴方は多くの読者を貶めた形でそれを表現してるのよ?

 私が書いたのは,海野凪子のせいで,かわいそうなことに,その著書を買った人たちがお金を損したということ.
 読者を貶めたいなら「この人の本を買って読んでいる人が哀れである」と書かねばならない.それが定型というものである.

投稿: 江分利万作 | 2018年5月16日 (水) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505081/61423502

この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫か海野凪子:

« 瑞獣かはたまた妖怪か (一) | トップページ | 復帰第一日 »