« サン・クロレラ販売に鉄槌 | トップページ | 謎は深まるばかり »

2015年1月24日 (土)

引きこもり正月

 整形外科で腰痛の治療 (脊椎の牽引と低周波マッサージ;整形外科ではリハビリと呼んでいる) を週に三日通って続けているのだけれど,なかなかよくならない.リハビリしたあとすぐはいいのだが,そのうちまた痛みがぶりかえす.
 痛みというのは,歩くと腰が痛くなるので長い距離を歩けないという症状だ.家の中で生活しているぶんには無問題である.
 服薬は,ノイロトロピンとメチコバールを一錠ずつ,一日に三回のむ.
 このノイロトロピンという鎮痛薬は,効く人には効くが,効かない人には全く効かないという変な薬で,長期連用しないといけない.以前にやはり腰痛がでたときには効いたので私は効くタイプの人間だと思ったのだが,今回は効果がまだみられない.
 このまま腰痛がひどくなって最悪の場合は手術か,などと考えると気分が暗くなる.

 ラジオを聴いていると,再春館製薬の痛散湯のCMを耳にする.最近は気弱になって,試供品をもらって試してみるかどうか,思いあぐねている.

 そんな状態なので今年は初詣に行かなかった.
 私の初詣は,もう若いときから,藤沢駅に近い遊行寺と鎌倉の長谷寺に決めている.
 時宗総本山遊行寺つまり藤澤山無量光院清浄光寺は,箱根駅伝の第三区 (八区)で全国に知られる遊行寺坂の下のところに山門がある.
 有名な割には,正月でも初詣の善男善女でごったがえすということもなく,鄙びているといっていいくらいの落ち着いた雰囲気が漂うよいお寺である.正月二日と三日は,箱根駅伝のランナーたちを応援する駅伝ファンが遊行寺坂沿道に鈴なりになるのであるが,その人々がついでにお参りするのが毎年の光景である.
 ただ,遊行寺に行くには少し歩かねばならなくて,今の体調ではちょっと難しい.

 長谷寺も遊行寺と同じ理由で初詣をさぼった.江ノ電の駅からだと休み休み行くことになりそうだから.
 長谷寺の場合は遊行寺とちがって,観音様に手を合わせて一年の無病息災をお願いするというより,寺域にある休憩所で般若湯をいただくのが私の昔からの楽しみなのである.
 この店はお酒を頼むと,一合徳利一本につき,小皿に一つまみの塩昆布がつまみに付く.日本酒の酒肴はこれで充分であるが,昼飯を抜いた午後には,おでんを頼むこともある.
 ちびりちびりと塩昆布だけで三合ほど飲んだあと,店を出てお御籤を引くのが私の長い習慣だった.ああ,そう思ったら拝観に (酒を飲みに) 行きたくなった.ばちあたりですか.そうですか.はあ.

|

« サン・クロレラ販売に鉄槌 | トップページ | 謎は深まるばかり »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引きこもり正月:

« サン・クロレラ販売に鉄槌 | トップページ | 謎は深まるばかり »