« めおとの道 | トップページ | 薬局二題 »

2014年12月17日 (水)

がんもどき教

 最近,私の周辺で,例の近藤誠氏の「がんもどき理論」を信奉する人が増えているような印象がある.そういう信奉者の話を聞いてみると,がんについて一般人として必要なある程度の知識を持ち合わせているわけではなく,もうほとんど宗教のように信仰している.

 読売新聞 (Yomiuri Online 12/16) の連載記事《中村祐輔の「これでいいのか!日本の医療」》で,中村祐輔・シカゴ大学医学部教授が《近藤理論は正義の味方か?》と題して近藤誠氏に鉄槌を下していらっしゃる.

 中村先生は,日本のがん治療医たちが近藤氏にきちんと反撃しないのは,患者に対する責任放棄と同列であると断じ,近藤「がんもどき理論」を「悪魔のささやき」だとしている.実に痛快な記事である.中村先生のこの寄稿が広く読まれ,近藤教祖に対する打撃になればよいのだが,信者たちは聞く耳を持たないかも知れない.

|

« めおとの道 | トップページ | 薬局二題 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

「がんもどき」のエビデンスを証明する遺伝子が発見されています。

投稿: 工藤憲雄(日本分子腫瘍マーカー研究会会員) | 2015年6月10日 (水) 15時17分

 コメントありがとうございます.
 工藤様は,「近藤誠」「近藤理論」「がんもどき」などの語が使われているブログを検索し,それらに悉くコメントを投稿されているかたとお見受けします.精力的な活動,ご苦労様でございます.
 蛇足ですが,コメントには所属研究会名を附する必要はございません.書くのであれば勤務先の大学・研究機関・企業をお書きくださるようお願い致します.

投稿: 江分利万作 | 2015年8月26日 (水) 09時34分

「ガンの再発はがん転移遺伝子産物が陽性の患者に起こっている。」
顕微鏡検査(組織診)で診断できない小さなガン転移細胞が分泌しているがん転移遺伝子産物が血中(血清)から検出されている。
1)がん転移遺伝子産物検出抗体(特許番号3920556号) 2)がん転移遺伝子多型変異検出(特許番号4300002号)
※ 検出抗体は非保健適用なので全額実費負担

投稿: 工藤憲雄 | 2015年9月24日 (木) 15時13分

再度のコメントありがとうございます.
無数にあるブログに一つ一つコメントするのは余りにも非効率だと思われます.
近藤理論を全面的に否定されていらっしゃる中村祐輔先生と公開討論して頂けるよう強くお願いするものです.

投稿: 江分利万作 | 2015年9月28日 (月) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんもどき教:

« めおとの道 | トップページ | 薬局二題 »