« お調子者 三条市教育委員会 | トップページ | 色々消滅 »

2014年12月 8日 (月)

私の罪について

 私は昭和四十七年に,ある食品会社に入った.
 この会社は業界再編成の結果,同業他社に飲み込まれて今はもうないのであるが,その会社の歴史で最後の二十年ほども社長会長をやった男Aが,吸収されてできた会社でも社長の座に就いた.新会社の社長就任を条件にして,吸収した側の会社に自社を売ったと噂された.

 こいつがまだ常務だったとき,ある企業犯罪を企んだ.犯罪の実行には微量化学物質の定量分析に熟練した技術者が必要だったので,子飼いのB研究所長に話をもちかけたところ,B研究所長は私を適任者だとしてA常務に推薦した.
 私は何も知らぬまま,研究所長に渡された試料を分析し,結果的に連中の陰謀に組み込まれ,その企業犯罪の実行犯の一人になってしまった.

 三度目の犯行のときにB研究所長から,実はお前の分析値は,犯行に必要なものであったのだと聞かされた.知らぬこととはいいながら二度もやったのだから毒食らわば皿までだ,続いて三度目もやれと指示されたのであるが,私は拒否した.

 翌々年,社長レースに勝ったAがトップになり,私の会社員人生が終わった.
 それからあと,私は地方の小さな工場に追われて飼い殺しとなった.たまに出張で東京の本社に行くと,社長になったAの部屋に呼ばれ,色んなパワハラを受けた.「内部告発」も「パワハラ」も言葉すらなかった時代である.私は耐えるしかなかった.

 上に書いたようにその会社が同業他社に吸収されたあと,吸収した側の取締役Cさんが私を執行役員に推薦してくれたのだが,Aとその仲間の役員が猛反対して話はつぶれた.Cさんは「あなたの出身会社の役員たちが,あなたの昇進に反対しています.何があったのですか」と私に訊ねたが,私は「今はお話できませんが,ことはコンプライアンスに係ることです」とだけ答えた.
 なぜ詳細を話さなかったか.私の他にも心ならずも犯行に加担させられた人たちがいて,その人たちは既に退職していたがまだ存命だったからである.

 共同正犯の一人であるB研究所長はとうの昔にあの世にいった.
 そして先日,とうとうAが死んだ.勲章をもらって金も名誉も欲しいままに生きた人生だった.私はもう日経新聞なんか読まないので知らなかったが,友人が「知ってるか,Aが死んだぞ」と知らせてくれたのである.私は深夜静かに祝杯をあげた.

 主犯二人は死んだが,犯行に巻き込まれた関係者は,私の他にあと二人が存命である.このお二人が亡くなったら,Aらの行った犯罪,上に記した件と,私が左遷されてしまったあとのことなので実行犯にならずに済んだもう一つの,二件について語ろうと思う.
 二件とも,大規模な行政法違反であるが,悪意をもって行われたものであるから,違反ではなく犯罪と呼んでおく.いずれも既に時効であるし,もし神仏があるならばAは地獄に行ったはずであるが,それでも主犯Aの名前は,昭和の食品事件史に書かれるべきだと思う.この件を墓場まで持っていくつもりはない.
 もしかすると私以外の関係者が亡くなる前に前に私の寿命が尽きるかも知れないのであるが,その場合はこのブログをこのままに残しておき,関係者全員が世を去ったときに事件の全貌を書いた記事が公表されるようにしておく.

|

« お調子者 三条市教育委員会 | トップページ | 色々消滅 »

食品の話題」カテゴリの記事

コメント

 今日は。何か物凄そうな話ですね。本ブログで詳細が公表される日を待っています。

 ところで、

> もしかすると私以外の関係者が亡くなる前に前に私の寿命が尽きるかも知れないのであるが,その場合はこのブログをこのままに残しておき,関係者全員が世を去ったときに事件の全貌を書いた記事が公表されるようにしておく.

 こんなことどうやって出来るのですか。私には「遺言の中にこの件のことも書いて弁護士に委託する」位しか思い付きません。

投稿: warbler | 2014年12月 8日 (月) 10時09分

>こんなことどうやって出来るのですか。

 私が死んだあとに遺志を実行してくれる協力者が必要ですが,書いた原稿をアップしても,その公開はペンディングにしておくことができるというココログの標準機能を用いて実行できます.
 実はその原稿はもうアップしてあります.私が死んだあと,協力者が痴呆老人になり,原稿の公開を忘れてしまう可能性があって,それがこの方法の欠点ですね.その点では弁護士に頼むのが確実かもしれません.協力者は私よりも若いので大丈夫だとは思いますが.

投稿: 江分利万作 | 2014年12月 8日 (月) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の罪について:

« お調子者 三条市教育委員会 | トップページ | 色々消滅 »