« 懐かしのDiablo2 (4) | トップページ | 戦争の夏 »

2014年8月20日 (水)

いかうどん

 昨日,酒肴にと思ってRF1で購入した蛸のサラダを,他に色々おいしいものがあったので,食いそびれた.
 RF1のサラダは衛生管理が万全だから買った翌日でも大丈夫,とRF1は言っている.
 それで,残り物を今日の朝飯にしてみた.

20140820asagohan

 画像の量で二百グラムなので,一日の緑黄色野菜のおすすめ量には少し足りない.昼飯とかにもう少し野菜を摂るようにしよう.
 手前の皿は,卵入りの「一杯の贅沢 完熟トマトスープ」(MCフードスペシャリティーズ ;旧協和発酵キリン) だ.
 皿にフリーズドライのスープを入れておき,鍋でポーチドエッグを作り,鍋の湯と卵を皿に移せばよいので簡単.なかなかいける.
 パンは雑穀入りのロールパンで,買い置きしてあるポンパドウルのもの.ポーチドエッグを作っているときにトースターで温める.

 しかし朝から蛸とは何事であるか.それでよいと思っているのか.そうお叱りを受けそうな気がする.確かにこの蛸サラダは,酒肴にちょうどいいと思って買ったものではある.
 では朝の蛸がだめなら烏賊はどうか.
 スルメイカのそうめんなどは,つい冷蔵庫から冷やした日本酒を出してきてしまいそうで,朝食の膳には不謹慎の極みと言われるかも.

 しかしそう書いたら,小学校の夏休みのときに母方の親戚にお邪魔したことを思いだした.
 親戚というのは母の実家で,一家は佐渡島の尖閣湾の近くで,勤め人兼漁師を営んでいた.
 さて昔日の夏,この家では朝からイカそうめんがでた.なにしろ漁師だから,肉屋には無縁で,時季の魚が朝昼晩三食にでてくるのである.
 上にイカそうめんと書いたが,実は違う.家庭の飯のおかずだから上品に細く切ったりなんかしないで,讃岐うどんほどの太さにするのだ.
 この,うどんみたいなスルメイカを丼に山盛りにして,大家族用の大きな卓袱台の真ん中にデンと置き,各自は自分の椀にこれを分け取り,醤油をかけまわして飯のおかずにするのである.
 ああ,そのイカのうまいことといったら.
 思い出は最高の調味料とはいうものの,しかしこれは今の時代でも「輝け! 飽食の日本の朝ご飯大賞」にノミネートされるものと私には思われる.
 蛸は朝にふさわしくないとのお叱りは甘受するが,イカは違う.そう断じてよろしいのである.

|

« 懐かしのDiablo2 (4) | トップページ | 戦争の夏 »

食品の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いかうどん:

« 懐かしのDiablo2 (4) | トップページ | 戦争の夏 »