« ペコロスの母に会いに行く | トップページ | 昔の写真を見て泣いた »

2014年7月 4日 (金)

CMを見て泣いた

 今日の毎日新聞(7/4 18:08) に《テレビCM:リアルな就活 批判受け東京ガス放映打ち切り》という記事が掲載された.
 記事の内容は《就職活動中の女子学生の厳しい日々を題材にした東京ガスのテレビCM「家族の絆・母からのエール」編が、今年2月1日の放送開始から1カ月足らずで打ち切りになったことが話題となっている》というもの.同社によると,就活生やその母親とみられる人からCMの内容について,リアル過ぎるとのクレームが寄せられたためらしい.
 それで,YouTubeでその「家族の絆・母からのエール」編を見てみた.
 確かに就活生にとってみれば,このCMはリアル過ぎるかも知れない.CMの中で就活に連敗中の女子学生が「世界中から否定されている気持ちになった」と言っているが,そっくり同じことを,かつて数十社の面接に落ちたときに私の息子が言っていたなあと思い出した.
 ただ,企業のTVCMがリアルであってはいけないということもなかろうとは思うので,このCMの評価は難しいだろう.就活生でない視聴者が見れば,素直に感動的な映像ではあるが,しかしきっと連敗中の就活生の心の傷に塩をぐりぐりとなすり込むものでもあるだろうという意味で.

 それはそれとして,ついでに私は東京ガスのTVCMシリーズを次から次に視聴した.
 そしてとうとう「家族の絆・お父さんのチャーハン」編で泣いてしまった.この「お父さんのチャーハン」編はすごく陳腐ではあるのだけれど,リアルでなくても泣けるということはあるのだと思った.

|

« ペコロスの母に会いに行く | トップページ | 昔の写真を見て泣いた »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CMを見て泣いた:

« ペコロスの母に会いに行く | トップページ | 昔の写真を見て泣いた »