« メイン機更新 | トップページ | リリーの箸使い »

2014年7月29日 (火)

雑多感想 (7/29)

(一)
 水田に散布されるカメムシ防除用農薬がミツバチに毒性を示すことが問題になっている.
 先日の記事「かわいそうなミツバチ」(7/21) に書いたように,東北大学大学院農学研究科では,ある種のカメムシがイネを加害するメカニズムを解明し,もって斑点米を減らそうという研究をしているという.
 ところが昨日の読売新聞の記事 (Yomiuri Online 7/28 16:53) によると,農業・食品産業技術総合研究機構 (農研機構) の畜産草地研究所 (茨城県つくば市) の木村澄主任研究員は《ミツバチが水田に近づかないようにする技術開発を進めたい》(同記事から引用) と語った.
 東北大学大学院の研究姿勢は,カメムシが水田に近寄らないようにすればカメムシ防除用農薬の使用を減らせるし,その結果としてミツバチの大量死も避けられるというもの.
 これに対して畜産草地研究所の考えは,ミツバチが水田に近寄らないようにすればカメムシ防除用農薬をこれまでどおり大量に使用できるということ.
 米を食う私たちにとって,どっちがありがたい研究かは言うまでもない.木村澄主任研究員という人は,言うまでもないことを言われないとわからないと見える.

(二)
 ひょんなことからコミックエッセイ『犬が教えてくれたこと』(三浦健太原作,アスコム) を読んだ.
 オビに《柴田理恵さん号泣!》《読んだ人の9割が泣いた!》とある.私も泣きました.第一話「おじいさんの犬」と第八話「母の祈り」は二度読んで二度も泣きました.泣かない一割の人ってどんな人ですか.あなたですか.はい,わかりました.
 第八話で老婦が,死んだ母犬を土に埋め,塔婆がわりにした板切れに書いた「りっぱな母犬の墓」に涙腺決壊です.

(三)
 最近のPCゲームは,“SKYRIM”も“Path of Exile”も,一通りプレイするともう繰り返して遊ぶ気になれませんな.そこにいくと Windows98 時代の傑作“Diablo2 Lord of Destruction”は飽きない.ただ問題は,これが Windows8.1 では Windows7 のように軽く動作しないという点.ゲームの実行ファイルをXP互換に設定するのであるが,このXP互換の仕組みが Win8.1 と Win7 とでは少し違うのだろうか.

(四)
 乱雑を極めた私の書斎兼寝室を整理整頓している.整理はまだ終わっていないが,昨日はゴミの中から落語CD『八代目桂文楽 明烏/心眼』が出てきた.買った覚えがない.なんだかちょっと得した気分だが,これは錯覚だろうか.

|

« メイン機更新 | トップページ | リリーの箸使い »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑多感想 (7/29):

« メイン機更新 | トップページ | リリーの箸使い »