« いつの日か殺処分が (二) | トップページ | 愛國の花 (二) »

2014年4月26日 (土)

春宵一刻ちりめん山椒

 先日,静岡の知人が冷凍の釜揚げしらすを送ってくれた.
 しらすは今が旬であります.

 まずは自然解凍して,大根で食べよう.
 大根は一年中出回っていて,いつが旬なのかわからないが,冬は冬大根の旬であるし,春は春大根の旬なのだそうだ.

 で,その春大根を大量におろした.
 この季節の大根は水気がたっぷりであるからして,丼の中の大根おろしは,ほとんどが水分である.
 スプーンで大根の繊維分をすくい取り,水気を少し切りながら小鉢に移す.
 その上に到来物のしらすをたっぷり乗せる.
 好みではあるけれど,醤油をたらさず,このまま食うのが私は好きだ.

 さて丼に大量の大根ジュースが残った.
 ここで私が冷蔵庫から取り出したのは,ちりめん山椒である.
 大きめの飯碗に白いご飯を半分ほど盛り,これに大根ジュースをぶっかけてサラサラのお茶漬け状態にする.
 その上に,ちりめん山椒をしこたま乗せ,かき混ぜて,ものの三十秒で食ってしまった.
 これがもう,うまいのなんのって,あなた.尿酸値に心配なき御仁ならば,丼で食ってもよろしいくらいである.

 ちりめん山椒は京都のものだが,それはそれとして関東もなかなかいける.
 昔まだ若い頃,鎌倉の料理屋さんで,今も覚えているくらい旨いちりめん山椒を食った.
 以来,ちりめん山椒は私の好物である.
 このちりめん山椒という食い物は,実山椒の按配といい味付けの具合といい,水分のほどといい,店により製造業者により本当に色々様々で,しかしどれもうまい.

 蕗の炊いたのと,若竹煮,しらす大根あたりで晩酌し,そのあとに春大根汁ぶっかけ飯ちりめん山椒添えを夕食にする.これ春のおすすめである.

|

« いつの日か殺処分が (二) | トップページ | 愛國の花 (二) »

食品の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春宵一刻ちりめん山椒:

« いつの日か殺処分が (二) | トップページ | 愛國の花 (二) »