« PATH OF EXILE (9) | トップページ | 無学 »

2014年3月 4日 (火)

論文取り下げが必要だ

 理化学研究所の小保方研究員らによるネイチャー誌への投稿論文について,日本分子生物学会は理研に対して,迅速な調査結果の公表などを求める声明を発表した (3/3).
 全国紙は,このニュースを読売と毎日が報道し,今のところ朝日は無視している.
 小保方研究員の論文に疑問点があることを最初に報道したのは毎日新聞であるが,その後は必要最小限の報道内容にとどめている.
 読売新聞は,小保方論文に疑問符がつくことを毎日新聞に続いて指摘し,その後も適宜報道する姿勢である.
 朝日新聞の姿勢は,iPSに対する危険性誇張報道といい,この問題では理解しがたいところがある.

 さて最初は小保方論文で画像の使い回しがあるのではないかという疑問が提起されたのだが,共同研究者二人が「ささいな間違いだ」とした.
 これは,「ささいな間違い」か否については見解の相違があるだろうが,ネイチャー誌に論文の訂正を申し入れればよいことであろう.

 しかし今,問題になっているのは,その程度のことではない.
 小保方論文に,
(1) 他の研究者の論文をコピー&ペーストしたと思われる箇所がある,
(2) 掲載された電気泳動像に加工の跡が見られる,
(3) 論文中に,塩化カリウム KCl を KC1 と書くなど,修士課程院生でもやらない間違いが二カ所ある,
という三点である.
 これは,本当に実験がなされたのか (成功したのか) どうかについて強い疑問を抱かせるものだ.
 可能性として,小保方研究員は一度は STAP 細胞の作出に成功したのだが,その後は自身でも再現できていない,と考えることはできる.
 しかしそうであるなら,ネイチャー誌への投稿を一度取り下げ,再現に成功したら再度投稿するのが研究者としての正しい在り方である.

 共同研究者の若山照彦・山梨大学教授は「いつの日か誰かが再現に成功してくれるまでの辛抱だ」と小保方研究員を励ましたと,新聞取材に語ったという.
 しかし,もし他の研究者が STAP 細胞の再現実験に成功したとして,その場合,STAP 細胞発見の栄誉はその研究者のものになる.それほど小保方論文にはでたらめが多いのである.

 ちなみに現在,理研は小保方研究員に関する一切の情報を遮断しているが,山梨大学は,そのサイトには今も小保方研究員と若山教授の写真が掲載されており,STAP 細胞の作出は「世界的にも稀な快挙です」との姿勢を崩していない.

|

« PATH OF EXILE (9) | トップページ | 無学 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論文取り下げが必要だ:

« PATH OF EXILE (9) | トップページ | 無学 »