« PATH OF EXILE (10) | トップページ | 反省だけならサルでも »

2014年3月11日 (火)

論文は撤回されねばならない

 理研の小保方研究員がネイチャー誌に投稿した論文に関して,一昨日,衝撃的な情報がネット上を走った.
 小保方研究員がネイチャー誌に投稿した論文 (以下,ネイチャー論文とする) 中で STAP 細胞の万能性を示す根拠とした画像 (テラトーマの画像) と,小保方研究員の博士論文 (早稲田大学;2011年) で使われた画像が似ているというのである.
 ネイチャー論文と博士論文の問題の画像を見てみると,似ているどころか酷似している.同じ画像だといっていい.
 実は,理研が STAP 細胞作出の詳細手順として発表 (3/5, 執筆は小保方研究員) した内容自体が,ネイチャー論文の正当性を大きく損なうものだった.小保方研究員がネイチャー論文以後にようやく STAP 細胞を「再現」できたとする実験では,STAP 細胞の万能性は示唆されなかったのである.
 実験条件も,ネイチャー論文に書かれたものと大きく異なって,使用する細胞は非常に限定的になってしまった.そのため,この「再現」実験は発表直後から批判されたし,また別の新たな問題点が指摘されもした.

 私が前回の記事に「論文の撤回が必要だ」と書いた理由のほかに,ネイチャー論文と博士論文の画像が同じものであったという決定的な打撃が加わり,STAP 細胞の実在を示すデータはなくなってしまった.
 もはやネイチャー論文は撤回するしかなくなったのである.

 昨日,ネイチャー論文の共著者である山梨大学・若山教授は,共著者全員に対して,論文取り下げを呼びかけた.若山教授の研究者としての良心によるものであろう.(若山教授のコメント)
 だが理研広報室は,この事態に及んでもなお「研究の根幹は正しい」と,STAP 細胞の実在を主張している.

 先日,理研に対して,調査結果の公表を急ぐよう促した大隅典子・日本分子生物学会会長は,この現状に「なんだかとても悲しくなってきました」とツイートした.

|

« PATH OF EXILE (10) | トップページ | 反省だけならサルでも »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論文は撤回されねばならない:

« PATH OF EXILE (10) | トップページ | 反省だけならサルでも »