« 論文は撤回されねばならない | トップページ | 研究の自由 »

2014年3月12日 (水)

反省だけならサルでも

 週刊文春3/13号の連載コラム『言葉とらえ隊』に能町みね子が次のように書いていた.

「後悔」は「反省」にくらべてネガティブな印象があります。また、「後悔」より「反省」のほうが生産的です。だから、先生が生徒に「反省しなさい」と言うことはあっても、「後悔しなさい」と言うことはありません。

 話は,森喜朗が浅田真央のことを,あの子は大事な時には必ず転ぶ,と発言したことについてである.
 浅田真央は,この森喜朗の発言について,森さんは少し後悔しているのではないでしょうかとコメントしたが,森はさらに,反省はしているが後悔はしないと言った.

 それはそれでいいが,「後悔」と「反省」の違いに関しては,なるほどと思うところがあった.
「反省」は生産的である.反省して,それを今後に生かそうという姿勢である.
 従って,「今後」がもうあまり残っていない私達年寄りにとっては,「反省」しても仕方がない.反省を生かす残り人生が少ないから,やるとすれば「後悔」だけである.

 なるほど.最近の私が,何かしくじっても全く反省しないのは,そういうわけなのだったか,と大いに納得した.

 反省を生かす残り人生が少ない,などと書いてみたが,今日ひょんなことから,椎名誠が今年で七十歳になることを知った.
 私は六十四歳になったばかりであるが,彼我のこの知力体力差に正直驚いた.
 人生を如何に生きてきたかが顕れているとしか思えぬ.
 でも反省はしないもんね.こらこら.

|

« 論文は撤回されねばならない | トップページ | 研究の自由 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反省だけならサルでも:

« 論文は撤回されねばならない | トップページ | 研究の自由 »