« 雑多感想 3/13 | トップページ | 爆笑 武田ネタ »

2014年3月15日 (土)

小保方ネタ 終了

 日本の科学を代表する研究者の一人であり,ノーベル賞受賞者である野依理事長が,恥を忍んで記者会見で頭を下げるシーンがあるなど,誰が予想しただろうか.
 小保方研究員 (以下,小保方と略す) の虚言に騙されたといえばいえるが,論文を書く能力のない彼女のために論文のストーリーを書いてやったとされる彼女の上司は,罪万死に値する.

 毎日新聞の記者会見詳報を読んだ限りでは,小保方問題に関する理研の説明記者会見は,概ね妥当なものであった.
 私は前の記事「研究の自由」で《もし理研が組織決定として論文取り下げを決めることがあれば,もはや理研は研究組織ではない.営利企業である》と書いたが,記者会見の前の報道と異なり,理研・米倉理事は《そしてネイチャー誌の論文2編の取り扱い。これは最終的には研究者とネイチャー誌の間で決めることだ》(毎日新聞の記事「STAP細胞:理化学研究所の会見一問一答」;3/14 から引用) と会見で述べた.妥当である.

 さて,この騒動を振り返って興味をひかれるのは,一つは小保方が華々しくマスコミの寵児となったとき,ネトウヨと称される子供たちが,なぜあれほど彼女を自分たちのアイドルとして迎えたかである.
 ネイチャー論文の不審な点を指摘する者に対して,彼らには反論する知識はないから,相手を「朝鮮人」と呼ぶことで罵倒した.
 ところがネトウヨにも小保方を嫌いなものがいて,掲示板でお互いを「朝鮮人」と罵り合うという実に荒涼とした書き込みが見られた.

 もう一つは,この小保方問題の追及で主要な役割を果たした 11jigen 氏らの調査能力である.
 小保方は自分の博士論文に,業者のカタログに載っていた画像をトリミングして流用したのであるが,トリミングしてあるから一見したところでは同じ画像であるとはわからない.
 画像処理ソフトで重ねてようやく流用だとわかる.
 その画像に既視感があったのか,それとも何らかの方法で検索したのか.
 聞くところによるとグーグルがその検索技術を持っているらしいが.

 三つ目は,テキストを比較して差分を検出するソフト“difff”のこと.これは私たちの日常の仕事でも活用できる有用なソフトだと思った.

|

« 雑多感想 3/13 | トップページ | 爆笑 武田ネタ »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小保方ネタ 終了:

« 雑多感想 3/13 | トップページ | 爆笑 武田ネタ »