« 乙女の四十年 その二 | トップページ | 雑多感想 3/26 »

2014年3月23日 (日)

雑多感想 3/23

(一)
 男の顔は履歴書であるという.大宅壮一の残した言葉である.
(ネット上には藤本義一の言葉と書いている誤り多数あり.藤本はこれを拝借して「女の顔は請求書」といったのである)
 籾井勝人NHK会長の顔を見ていると,色々と人に恨まれるようなことをやって生きてきたんだろうなあ,と思わせる風貌だ.
 だからどうというわけではありません.
 佐村河内守の顔 (断髪前の) を見ると,キャラ立ちすぎで,いかにも胡散臭い.
 髪を切ったら,色々と人に恨まれるようなことをやって生きてきたんだろうなあ,と思わせる風貌に変化した.
 だからどうというわけではありません.
 いかにも気弱に生きてきましたといわんばかりの自分の顔を鏡を見て,そんなことを思ったのであります.

(二)
『アナと雪の女王』でエルサ役の日本語吹き替えをしている女優松たか子の,本編中での歌が絶賛されているという.
 松たか子の歌唱は,小田和正が年末にやる『クリスマスの約束』で聞いたことがある.
 そうそうたるプロ歌手にまじって,それはもう見ているのが可哀そうになるくらいのものだったが,いつの間にうまくなったのだろう.
 人間,やはり精進すればなんとかなるのだなあ.よかったよかった.
 そう思いつつ,YouTube の映像を観てみた.
 あー,全然かわってません.orz

(三)
「雑多感想 3/19」に第三回将棋電王戦のことを記した.
 第一局,ソフト「習甦」対菅井竜也五段で「習甦」が圧勝したが,そのあとの両者の感想がとてもさわやかだったと書いた.
 続く第二局,「やねうら王」と佐藤紳哉六段戦はトラブった.
 トラブルの詳細は略するが,すったもんだの末に佐藤六段が敗れた.
 そして対戦後の両者のコメントもさわやかでなかった.orz

(四)
 東京都内の図書館等で『アンネの日記』多数が破損された事件の容疑者は逮捕されたが,動機がまだ不明である.この事件に関心のある人は多いだろう.
 週刊文春 (3/27日号) の連載記事で,池上彰がこの事件の解説を書いている.
 池上は『アンネの日記』の紹介をしたあと,同号55ページの中ほどから唐突に,イスラエル建国を賛美した.
 アンネ・フランクとイスラエル建国は無関係である.ナチを理由にしてイスラエル建国を正当化するのは卑劣な論理のすり替えだ.
 そう考えるのが良識というものではないか.
 私はこの解説記事に驚き,池上彰の正体見たりと思った.

(五)
 齋藤孝氏が同じく週刊文春 (3/27日号) の書評欄で『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』(文藝春秋社) を絶賛.おもしろそうなので Amazon で注文した.

(六)
 スナップエンドウなのか,スナックエンドウなのか.
 スナックエンドウは商品名であり,1983年 (昭和58年) 農林水産省がスナップエンドウを正式名称とした.(Wikipedia【スナップエンドウ】参照)
 それはともかく,安いのでたくさん買ってきて,茹でてサラダにした.
 一度目は茹ですぎて失敗.二度目はうまくいって,パリパリととてもおいしかった.
 酸っぱい系のドレッシングもいいし,中濃ソースをかけてもいける.
 中濃ソースをかける場合,魚肉ソーセージを千切りにして混ぜたらうまいんじゃなかろうかと思った.今度やってみよう.

|

« 乙女の四十年 その二 | トップページ | 雑多感想 3/26 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑多感想 3/23:

« 乙女の四十年 その二 | トップページ | 雑多感想 3/26 »