« 乙女の四十年 | トップページ | 私のなんちゃってPCオーディオ その二 »

2014年3月19日 (水)

雑多感想 3/19

(一)
 昨日,科学技術・イノベーション戦略調査会等の合同会議で理研の野依理事長が,STAP 細胞の再現実験に最低三ヶ月,その実験データをまとめるのに一年くらいかかるとの見通しを明らかにした.
「再現実験」とは STAP 幹細胞が作成できるかできないか明らかにするところまでだろうから,理研は最低三ヶ月といっているが,この小保方事件の最終決着はずっと先のことになるだろう.
 それよりも先に,若山教授サイドでの検証が終了すると思われ,その段階で理研が小保方と,論文の実質的執筆者とされるその上司の処分を決めないと,この騒動のために時間や研究費を無駄にした研究者達は納得できないのではないだろうか.

(二)
 ロシアは昨日,ウクライナからの独立を宣言したクリミア自治共和国とセバストポリ特別市をロシア連邦に編入する方針を表明した.
 報道の解説によると,欧米による制裁は有効に働かないと思われ,日本は制裁に腰が引けている.
 モスクワ.
 私のような還暦過ぎの世代の者は,この都市の名にダークなイメージしか持っていないだろう.
 北京,平壌.これも同じ.
 モスクワの野心はどこまで展開していくのだろう.

(三)
 ダイソンのヒット商品である羽根なし扇風機型ヒーターが,発火の恐れがあるとして回収される.
 私は昨年末に買う気になっていたのだが,結果的に買わなくてよかったよかった.

(四)
 将棋棋士五人と五つのコンピューターソフトが団体戦形式で戦う第三回将棋電王戦が開幕した.
 その第一局で,ソフト「習甦」が菅井竜也五段に完勝した.
 菅井五段は,「習甦」に力負けしたと語ったが,習甦の開発者である竹内章さんは《「菅井さんは『(対コンピューターの)必勝法を編み出しても、明日からの自分につながらない』と言って、(コンピューターの弱点を突こうとする指し方ではなく)あえて厳しい戦い方を選ばれたと思う。結果的に習甦が勝つ確率が高まり、習甦に幸いした。菅井さんの高い志と(アマチュアにファンが多い振り飛車を選んだ)ファンサービスを称えたい」》と語った.両者ともにさわやかである.(《》は毎日新聞Web版 3/18 14:51 から引用)

(追記 3/19 12:00)
(五)
 還暦過ぎの世代にとっては懐かしのバンドであるワイルドワンズの元メンバー,渡辺茂樹氏が三月十五日に亡くなった.
 ワイルドワンズは再結成して今も現役のバンドだが,デビューは1966年の『想い出の渚』.
 1968年に渡辺茂樹氏が加入したが,1971年に一旦解散した.
『想い出の渚』はソラで歌えるぞ,という人は多かろう.
 氏は享年六十三.私より一学年下の人であった.
 自分より年下のかたの訃報は淋しい.

|

« 乙女の四十年 | トップページ | 私のなんちゃってPCオーディオ その二 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑多感想 3/19:

« 乙女の四十年 | トップページ | 私のなんちゃってPCオーディオ その二 »