« ハムとは何か その四(2/9追記) | トップページ | PATH OF EXILE (7) »

2014年2月 9日 (日)

雑多感想 2/9

(一)
 毎日新聞(Web版 2/1 17:42) に《高齢者万引き:摘発増え未成年と逆転 孤独、不安》との見出しの記事が載っていた.
 奈良県警が公表したところによると,奈良県内で2013年に万引きで摘発された六十五歳以上の高齢者は380人で,未成年者は231人.高齢者が未成年者の1.6倍もいる.万引きは高齢者犯罪の代名詞になりつつあるらしい.
 同記事には《専門家は「生活苦だけでなく、孤独感や所在のなさという心理的な要因が大きい」と指摘する》とあるが,どんな専門家だ.老人問題と万引きの両方に詳しいって,ニッチすぎはしないか.(笑)
 更に《県警生活安全企画課は「高齢者の場合、お金に困っての犯行というケースは少なく、出し惜しみがほとんど。背景には漠然とした将来への不安があるのかもしれない」と分析する》ともあって,こちらは情報ソースが書かれている.
 私が小学校から高校までの時代を振り返って,その頃は万引きはまだ今ほど大っぴらではなかったように思う.
 だから,いま万引きに走っている年寄り達が,かつての万引き少年の成れの果てだというわけではない.
 私が思うに,万引きしない人間は,どんなに金に困っても万引きしない.
 だから万引き老人は,子供時代に万引き衝動を抑圧されていただけであって,世が世なら立派な万引き少年であったはずの人々ではないだろうかと思うが,よくわからない.

(二)
 酒井雅楽守とか柳生但馬守は殿様だ.
 稀代の詐欺師,佐村河内守の名を初めて目にしたとき,さむらかわちのかみ と読んだのは私だけではないはず.どんな殿様だ.あ,私だけですか.そうですか.すみません.

(三)
 私の現住所の近くには商店街がない.私鉄駅まで歩いて電車に乗って一駅先にJRの駅ビルはあるが,その周辺にも商店街はない.
 あるのは夕刻から開店する飲み屋ばっかりだ.私の財布にとって不幸なことに,飲み屋の数はたいへん多い.
 幸いにもその駅ビルには小さなデパ地下とパン屋,書店と文具店(ミニロフト)はあるので助かるが,それ以外のここで間に合わない買い物はすべて通販に頼ることになる.
 Amazon が「予期的な配送」で特許を取得した.私は明細書を読んだわけでもないのであるが,週刊アスキー誌に山崎浩一が書いている解説によると,要するに注文履歴や検索履歴に基づいて顧客が必ずや発注するであろう商品を予測し,近くの配送業者の倉庫にあらかじめ送り込んでおき,注文があったとたんに配送されるというような予測技術らしい.
 今でも Amazon にサインインすると,おすすめ商品がズラリと並ぶわけだけれど,あれの進化形だろう.注文が確定してから配達されるまでを究極まで短縮しようということである.
 しかしこれは配送業者の倉庫を Amazon の倉庫として使うともいえるわけで,「予期的な配送」技術が完璧でないと,ただでさえ配送単価の安い Amazon の荷物が倉庫に滞留して配送業者としては困ったことになるだろうなあ.
 「予期的な配送」技術が完璧だとどうなるか.
 シャッター商店街どころか,郊外型スーパーもショッピングモールも,ホームセンターも,およそ Amazon と競合している業態は大打撃を受けることになる.わざわざ買い物に行かなくても,まるでピザの宅配のようにすみやかに届けてくれるわけだから.
 そうなると安泰なのは飲食店,とりわけ飲み屋だ.
 小料理「真砂」の静恵婆さんも,パブ「梢」の美香ちゃんも,そもそも Amazon と戦う気は無く,デリバリはしてくれない.私が出かけていくしかないのである.どこの店だよ.
 これからもデリバリ料飲店,すなわち略してデリ飲,誰が略したかというと私ですが,という業態が現れることはないだろう.
 
 私の住居に近いJRの駅周辺の,飲み屋しかない繁華街は, Amazon が全国を制圧しても生き残る近未来型なのかも知れない.

|

« ハムとは何か その四(2/9追記) | トップページ | PATH OF EXILE (7) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑多感想 2/9:

« ハムとは何か その四(2/9追記) | トップページ | PATH OF EXILE (7) »