« 雑多感想 1/29 | トップページ | 割烹着 »

2014年1月30日 (木)

昔の話だが細川内閣が倒されたのは

 最近の政治がらみの話で一番驚いたのは,週刊ポスト (2014年2月7日号) に載っていた村上正邦・元自民党参議院議員会長の証言のこと.
 いま東京都知事選挙に立候補している細川護煕元首相が,かつて熊本県知事選に出馬する前年に佐川急便からの一億円を借り入れたのだが,これが国会で村上氏らによって糾弾され,結局細川内閣は倒された.
 村上氏は今になって,あれはデッチ上げだったと言う.
 細川元総理が佐川急便から借りた金は政治資金ではなく,元総理の弁明どおり,自宅の山門修復に使われて,実はきちんと返済されていたというのである.
 むしろ佐川急便から返済不用の金を借りて政治資金にしていたのは自民党議員達のほうで,検察はこの自民党議員らのリストを持っており,細川元総理だけが返済済みであったことを知っていたが,話が大きくなりすぎるので検察としてはこれを表に出せなかったのだと村上氏は語る.
 それをいいことに細川元総理を追い込んで,参議院のドンといわれていた村上氏は倒閣に成功した.
 この事は,当時自民党の議員だった白川勝彦元代議士も,今更だが同様のことを言っている.
 村上氏は,根も葉もないことを根拠にして細川内閣を倒閣したのを自慢話にしたいのだろうが,馬鹿じゃないかと国民は思うぞ.

【追記1/30 8:05】
 上のことを書いてから思い直したのだが,村上氏が今この時期に真相を語ったというのは,細川氏との何らかの合意に基づくものかも知れない.これで借りは返したぞ,ということか.

|

« 雑多感想 1/29 | トップページ | 割烹着 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔の話だが細川内閣が倒されたのは:

« 雑多感想 1/29 | トップページ | 割烹着 »