« 昔の話だが細川内閣が倒されたのは | トップページ | Re:ありがとうございました »

2014年1月30日 (木)

割烹着

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子さんによる画期的な研究成果「STAP細胞」について今日の全国紙各紙が大々的に報じた.(論文は30日付の「ネイチャー」に掲載)
 私は門外漢の一般人ながら,これが iPS 細胞の欠点とは無縁の方法であること,単純な刺激だけでは幹細胞は作成できないとの通説を覆すものであること,また幹細胞化率が高いこと等が「画期的」の理由であることはおぼろげに理解できる.
 しかも小保方さんはまだ三十歳という若さ.
 わが日本の女性研究者,やるもんだなあ.
 小保方さんの研究をサポートしてきた若山照彦山梨大教授と笹井芳樹再生科学総合研究センター副センター長の喜びもさぞかしと思われる.

 研究成果に驚いたついでに写真を拝見すると,小保方さんは白衣ではなく,おばあ様に頂戴したという割烹着で実験していらっしゃる.
 今はもう磯野フネしか着ていないと思われた懐かしの婦人衣料,割烹着である.
 テレビドラマで女医が登場すると,これが例外なく聴診器を首からぶら下げて白衣の前を開け,裾をなびかせて病院の廊下を闊歩する.
 私は,この白衣の前をだらしなく開けるテレビドラマ式着用を,かねてより苦々しく思っていた.
 そこに現れたのが小保方さんの割烹着である.
 こうしてみると割烹着というのは実験衣としてなかなかよろしい具合である.見た目もチャーミングで実用的でもある.
 これでうら若き女性の割烹着姿の復権なるか.
 ていうか,STAP細胞に関係ない感想ですまぬ.

|

« 昔の話だが細川内閣が倒されたのは | トップページ | Re:ありがとうございました »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割烹着:

« 昔の話だが細川内閣が倒されたのは | トップページ | Re:ありがとうございました »