« The Tennessee Waltz | トップページ | 「和食」とはなにか その二 »

2013年12月 8日 (日)

雑多感想 12/8

(一)
 森山愛子という若い歌手を最近知った.早朝のTBSラジオ番組の「今週の推薦曲」として『忘れないで』が毎日流れたのを聴いたのである.なかなかいいバラードなので,他にどんなのを歌っているのか You Tube でを探したら,驚いたことに森山愛子は「こぶし」をグリグリ回す演歌歌手だった.自身がレギュラー出演者であったテレビ番組で,ゲスト出演していたシンディ・ローパーを前にして童謡『あかとんぼ』をド演歌調にして歌った場面が You Tube に載っているが,これはローパーが賞賛したと Wikipedia に書かれている.
 いわゆる演歌歌手が全国に何百人いるか知らないが,バラードを「こぶし」の呪縛から逃れて自由に歌える歌手は数少ない.あの坂本冬美ですら,ビリーバンバンをカバーした『また君に恋してる』を,「演歌」にしてしまった (あれはあれでいいけれど).
 夏川りみだって元々は演歌歌手だった.森山愛子も夏川りみのような歌手になれるかも知れない.それには,他の人のカバーでいいから,もう演歌を歌わずにいくことだと思う.あと,一曲歌い終えるごとに口角を上げてニッコリ笑うのはやめたほうがいい.それは演歌歌手の暗黙のお約束事項だからである.
 演歌のお約束は他にもあって,歌い終えて右斜め上方に遠い目をして,それから視線を正面に戻し,声に出さずに口の動きだけで ありがとうございます と言いながらお辞儀をするってのもあるが,それだけはしちゃだめ.それはカラオケボックスで演歌を歌うときに使われるギャグだからね.

(二)
 一部報道の報道で生活の党の小沢一郎代表は,少数党に転落して以降,政治資金の調達に苦しんでいると書かれていたが,昨日の新聞報道では昨年の国会議員の資金管理団体と政党支部の収入合計で小沢氏が首位であった.資金管理団体名義の不動産を売却して資金を捻出したことなどがその理由だという.二位が亀井静香,三位に安倍晋三と続く.

(三)
 十月に亡くなった やなせたかし さんにロングインタビューした本『ぼくは戦争は大きらい−やなせたかしの平和への思い』が今月21日に刊行される.私は Amazon で予約注文したが,これを買って読むのは私達年寄りだけなんじゃないかという気がする.

(四)
 先日の記事「LED人柱」の【追記】に《この選択は失敗であった.六畳間に 810ルーメン x 2灯では暗すぎた.さらに,ホーローのシェードは,シェードよりも上の方には光が行かないから,天井と壁の上部は暗い影になる.ある意味で懐かしの昭和が再現されている.ま,いいか.》と書いたが,Panasonic LED 電球/一般電球タイプ/広配光タイプ/10.0W (電球色相当)/E26口金/電球60W形相当/810 lm/型番 LDA10LGK60W ではどうにも部屋が陰気くさいので,東芝 E-CORE LED 電球/一般電球形/10.6W/光が広がるタイプ/白熱電球60W相当/1000ルーメン/昼白色/型番 LDA11N-G に交換した.(商品説明は Amazon から引用)
 東芝製に交換してどうにかマシになったが,机で字を書いたりするには,まだ手元が暗い.それで,外した Panasonic の LED 電球を電球式のスポットライトに装着して,手元照明用に使うことにした.
 LED 電球の商品説明には「電球60W形相当」などと書かれているが,これは消費者をミスリードするものだと思う.蛍光灯との対比で表現しないと,消費者に選択を誤らせることになるだろう.例えば LED 電球に代える前に30W蛍光管を二本使用していたリビングルームの場合は,東芝 E-CORE LED 電球(1000ルーメン) を三個使用してやっと同等の明るさになると思われ,従って LED 電球に代えると消費電力は半分になるが,コストパフォーマンスは LED 電球が著しく悪い.家庭の照明用としては LED 電球は暗いが,その将来も暗いと思う.ただし,バーとかレストランとか,照明によってできる陰影を演出にうまく使えるシーンには適していると思われる.部屋をオサレにしたい向きは検討の価値あり.書斎には向かない.

(五)
 「某新聞社の妄想系掲示板」と私が呼んでいるネット掲示板に,政府主導で和食が無形文化遺産に登録されたことについてのトピが立っている.
 そのレス中で「どこにでもいる主婦」というハンドルの人が一汁三菜の例として次のような献立を挙げている.

 大根の味噌汁 鯵の干物 漬物か納豆 青菜の和え物 米

 この主婦は,米を炊いて飯にすることなく,米をそのままボリボリ食うようだが,それはさておき,漬物は「菜」のうちに入らないということを知らないのが情けない.一汁三菜は鎌倉時代に始まるとか講釈は一人前なのだが.
 昨今,教養という言葉は大変に評判がわるいのであるが,それにしてもこれだけ無教養だと,この掲示板なら偉そうなレスをつけることは可能だが,一般社会では恥をかくことが多いのではないか.

|

« The Tennessee Waltz | トップページ | 「和食」とはなにか その二 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑多感想 12/8:

« The Tennessee Waltz | トップページ | 「和食」とはなにか その二 »