« 川上伝説 | トップページ | 『鳥』の裏側で »

2013年11月 1日 (金)

へこたれないパワーヘルス

 昨日の夜,通勤最寄り駅を降りてから我が家まで歩いて帰る途中にある,パワーヘルスの無料体験会場は盛況であった.前に書いたように,お客さんの多くはサクラであるが.
 会場は歩道に面してガラス張りになっているのだが,そのガラス窓のどこにも景品表示法に基づく措置命令を受けたことに関する張り紙はされていなかった.会場の中をチラと覗くと,例の怪しげな金ぴかマシンがデーンと鎮座していた.

 新聞報道によれば,(株)ヘルス(東京都)は10月17日,無料体験会場で来場者に対し,景表法に違反する行為を行なっていたことを同社のウェブサイトで公表した.
 その同社サイトを見てみると,「不当景品類及び不当表示防止法第6条の規定に基づく措置命令について」「コンプライアンス宣言」「株式会社ヘルスのコンプライアンスへの取り組みについて」と題したものが並んでおり,それぞれをクリックすると中身が閲覧できる体裁になっている.

「不当景品類及び不当表示防止法第6条の規定に基づく措置命令について」の中身は「お客様ならびにお取引先各位 お詫びとお知らせ」である.これの日付が10月17日で,措置命令の内容が書かれている.
 一方「コンプライアンス宣言」と「株式会社ヘルスのコンプライアンスへの取り組みについて」は,その三ヶ月前の7月16日である.

 ヘルス社の「コンプライアンス宣言」には,

《コンプライアンス基本方針・行動規範1.信頼の確保
お客様・地域の皆様をはじめとする社会の信頼にお応えするため、コンプライアンスをすべての行動の原則とし、法令および社会規範ならびに 定款および社内規定等を厳正に遵守します。
2.誠実で公明正大な企業活動
弊社は、商品に関係する諸法令やルールを厳格に遵守するとともに、公正・透明かつ自由な競争を行ない、適法な販売活動を行います。 社会規範に従い、お客様の立場に立った誠実かつ公正な企業活動を遂行します。 (以下省略)》

と書かれている.
《商品に関係する諸法令やルールを厳格に遵守する》という宣言と,「お客様ならびにお取引先各位 お詫びとお知らせ」に記載されている措置命令の内容との,あまりの落差に思わず笑ってしまう.この二つを並べて記載するのはかなり度胸がいるのではないか.

 また「株式会社ヘルスのコンプライアンスへの取り組みについて」には,

《弊社は、コンプライアンス体制を推進する為、社長直轄の組織としてコンプライアンス委員会を設置致しました。 委員会の構成は、委員会の公平性・客観性を確保するために、社外の有識者及び弁護士に委員として参加頂き、オブザーバー(社外アドバイザーおよび、弊社役員初め各部門の責任者が参加)が加わる組織体制で、定期的にコンプライアンス委員会を開催していきます。 》

とある.
 そのコンプライアンス委員会に委員として参加していた社外の有識者と弁護士が誰なのかネット上を探してみたのだが,情報はなく,調べがつかなかった.
 調べて公表する週刊誌とか,ネットにたれ込みしてくれる元従業員はいないものか.ヘルス社の「コンプライアンス委員会」が本当に存在していたものか否か,その欺瞞を暴くことは,騙される被害者を減らすことにつながるのであるが.

|

« 川上伝説 | トップページ | 『鳥』の裏側で »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

パワーヘルスについて
ヘルスが供給する家庭用電位治療器の効能又は効果に係る表示について、景品表示法に違反する行為(表示を裏付ける合理的根拠が示されず、優良誤認に該当)が認められ消費者庁から措置命令を受けました。(2013年10月17日)
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/131017premiums.pdf

投稿: 通行人 | 2014年5月15日 (木) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へこたれないパワーヘルス:

« 川上伝説 | トップページ | 『鳥』の裏側で »