« 猿の人生 その二 | トップページ | 直訴 »

2013年11月 3日 (日)

雑多感想 11/3

(一)
 私はもう社会人になっていたから,テレビアニメ『みつばちマーヤの冒険』は一度もみたことがないのだけれど,その主題歌『みつばちマーヤの冒険』と『おやすみマーヤ』が伊勢正三の作詞・作曲だということを昨日知った.Wikipedia には,エンディングテーマ『おやすみマーヤ』の作曲は伊勢正三でなく小山恭弘となっているが,これは間違い.
 それでネットで二つの曲を聴いてみたのだが,これはきっと四十歳以上の人達には思い出の曲になっているのだろうと思った.
 アニメの主題歌で,歌っているのは水前寺清子だから,当然ながら伊勢正三のアルバムには収録されていない.水前寺清子のCDには『みつばちマーヤの冒険』はあるが『おやすみマーヤ』は入っていない.シングルでリリースすればいいのに.

(二)
 前の記事で,JR秋葉原駅西側のガード下にあった「山菊ポータブル」が閉店したと書いた.それに続いて今度は,ラジオストアーから九店が撤退し,ラジオストアーとしては11月末で閉館するという.隣接するラジオセンターと秋葉原電波会館はまだ営業を続けるようだが,こうして少しずつ秋葉原から昭和が消えていく.

(三)
 読売新聞によると,全国の豆腐業者は2012年度は9059軒となり,2003年度より4957軒減ったという.(厚生労働省の集計による)
 政府がユネスコ無形文化遺産に登録申請して喧伝する「和食」がハレの食事であるとするなら,豆腐はケの食品だ.日常食の中で最も大切な食品の一つだ.それが,価格があまりにも安いために採算がとれなくなり,豆腐業者がどんどん減っている.豆腐の採算がとれなくなってしまった原因の一つが,大規模小売店の存在である.彼らは「消費者の利益」を錦の御旗としているからして,中小零細業者の死活は関心の外にある.赤字に苦しむ業者からの値上げ要請を拒否したためにその業者が倒産しても,別の業者と取引すればよいだけである.彼らはおそらく日本の食文化についても無関心であろう.
 業者の規模からして,将来も納豆は持ちこたえるだろうが,豆腐は危ない.こうして昭和の食卓が少しずつ消えていく.

(四)
 なんでもかんでも言葉に「活」をつける風潮がいやだ.就職活動を略して就活はまだいいが,美活,婚活,妊活と,どんどんグロテスクになっていく.

(五)
 映画のハリー・ポッターのシリーズは第一作だけ観て,『指輪物語』に比べて,世界観がファンタジーとしては地味な印象だったので,そのまま放ったらかしにしていた.
 『死の秘宝』をテレビでやっていたのでちょっと観てみたところ,なんかこう最後に盛り上がりを見せそうなので,全作セットのBDを注文した.これだけ長く引っ張ったシリーズなので,鑑賞時間を捻出するのが大変.

(六)
 あとひと月もすれば忘年会シーズンである.そしてすぐ年末になる.皆様もよいお年を.違います.

|

« 猿の人生 その二 | トップページ | 直訴 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑多感想 11/3:

« 猿の人生 その二 | トップページ | 直訴 »