« 驚異のマイナス電子 | トップページ | 長すぎる前振り »

2013年10月12日 (土)

便意大将軍源頼朝とか

 時事通信が昨日(10月11日13時37分)伝えたところによれば,東京駅発郡山駅行き東北新幹線「なすの253号」が那須塩原駅で緊急停車した.乗客から110番通報があったためである.
 通報の内容は「男が携帯電話で『車内で爆発する』と言っている」であった.
 しかし駆けつけた栃木県警捜査1課員と那須塩原署員が乗客を降ろし,車両を捜索したが不審物は見当たらなかった.
 結局,県警の調査によると,ある乗客が携帯電話をかけている最中に「小便がしたくて膀胱が爆発しそうだ」と言ったのを,他の乗客が聞き間違えて通報したらしい.

 今年下半期の,輝け!全日本爆笑ああくだらないぞわはははB級ニュース第一位はこれで決まり.

 ところで,一般に堪えきれぬほどの尿意を「膀胱が爆発しそう」と表現するが,便意の場合には「直腸が爆発しそう」とは言わないのはなぜであろう.不思議である.
 思うに例えば縁日でおなじみのヨーヨー釣り.ゴム風船にポンプで水をシュッシュツと入れていくとぷ~と膨らんで,これに尖った爪が触れたりするとパシャッと破裂するが,膀胱の破裂あるいは爆発というのは,あんなイメージであろう.ところがゴム風船に固形物をポンプでシュッシュツと入れて,ぷ~と膨らんでいく状態は想像困難で,そのため「爆発」をイメージしにくいのではなかろうか.そういう想像をするな.はい.

 さて上記の報道を目にして以来,便の爆発についてずっと考え続けているうちに,発作的に「便意無縫」とか「便意喪失」というオヤジギャグを思いついてしまった.天衣無縫はあまり使う言葉ではないが,戦意喪失は日常語だから,これは結構使えそう.
 「喪失」との語呂合わせを離れるが,便関連では伊勢神宮の式年遷宮にちなんで「三種の便器」はどうであろう.TOTO の技術陣に開発をお願いしたいところである.

|

« 驚異のマイナス電子 | トップページ | 長すぎる前振り »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 便意大将軍源頼朝とか:

« 驚異のマイナス電子 | トップページ | 長すぎる前振り »