« スピーチ・ジャマー | トップページ | 驚異のパワーヘルス »

2013年10月18日 (金)

白いタヌキ

 この夏に名張市で,白いタヌキの母子が話題になっているというニュースがあった.
 そうしたら今度は昨日,鳥取県南部町で白いタヌキが捕獲された.南部町の自然観察指導員の桐原真希さんによると,これは突然変異ではなく元々色素が少ない白い変種ではないかとのこと.(筆者註;写真を見ると鼻の色が黒い)

 調べてみると,白いタヌキは各地に相当数がいて,動画もアップされている.
 それどころか愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園では飼育もされており,コハクという名前もつけられて人気者だとか.

 白いタヌキについては動物写真家宮崎学氏のサイトが参考になる.
http://fireside-essay.jp/miyazaki/tanuki/291.html

 これを読むと,中央アルプスには三十年ほど前の昔はたくさんの白タヌキがいたそうである.宮崎氏は次のように書いている.

《白いタヌキですから、とうぜん多くの人たちにも目撃されることになり、するとウワサとなって、珍しさも加わり、かなり捕獲されて、剥製になったりしてしまいました。そしてその後、3年ほどで白いタヌキはこの地域からすべて消えてしまったのです。》

 豊橋総合動植物公園は「白色の動物は天敵に狙われやすいので珍しい」と言っているが,どうもその天敵とは,無意味に捕獲して剥製を作ったりする人間かも知れない.

|

« スピーチ・ジャマー | トップページ | 驚異のパワーヘルス »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白いタヌキ:

« スピーチ・ジャマー | トップページ | 驚異のパワーヘルス »