« この下司野郎っ | トップページ | アサギマダラ »

2013年10月 5日 (土)

秋はおいしい

 先日,家庭菜園に熱心な知人からの到来物があった.宅配便で届いたのはサツマイモがダンボール一箱,ナスが一箱.もう一箱には,生落花生と紫蘇の穂が入っていた.
 サツマイモはいささか持て余しているのだが,ナスはフライパンで焼いては食い,焼いては食っているうちに,食べ尽くした.白い飯をおかずにしてナスが主食の具合であった.

 落花生は大鍋で茹でた.千葉県から神奈川県,静岡県にかけては落花生の産地が多く,生落花生が手に入るので,茹で落花生はこの季節を代表する味覚の一つだ.
 どういうわけか知らないが,スーパーの店頭や通販で買った茹で落花生はうまくない.自分のうちで土のついた落花生の殻を洗い,茹でたらザルに上げ,すぐにわしわしと食い進むのがよろしいようだ.完熟した落花生を茹でるとしっとりとした食感になり,完熟前のものはふにゃふにゃという食感になる.各人の好みだろうけれど,私はこのふにゃ落花生が好きである.

 紫蘇は下ごしらえがめんどくさい.随分たくさんのように見える紫蘇の穂から,実を取るとほんの一握りになってしまう.
 これに塩をふって一日置いてアクを取る.汁を搾ったら,塩漬けにする.できあがったら炊きたての熱い飯に乗せて食う.天上天下,この上なしの美味である.紫蘇の実の塩漬けは,時期が旬を外れても暫くは通販で手に入り,これは茹で落花生と異なって,香りは落ちるが,それほど悪くない.

 落花生といいナスといい,また紫蘇の実の塩漬けといい,栄養的には低タンパク質で肥満まっしぐらの落第だが,うまいものは仕方がない.
 そうこうしているうちに昨日,別の知人からも柿と紫蘇の穂が届いた.秋は人の情けのしみじみとありがたい季節である.

|

« この下司野郎っ | トップページ | アサギマダラ »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋はおいしい:

« この下司野郎っ | トップページ | アサギマダラ »