« 一度は手放して | トップページ | 小言幸兵衛 »

2013年8月30日 (金)

バーモントの月明かり

 TBS ラジオの早朝番組『ラジオパープル』で,水曜日担当の吉川美代子アナ(アナウンス部担当局長・解説委員)がジャズの名曲『バーモントの月』(Moonlight in Vermont)をかけた(8/28).歌手はエラ・フィッツジェラルド.

 TBS テレビのニュースで吉川アナをご存じの方はご存じのように(←同義反復),彼女は上品な美しい人である.まかり間違っても安全帽をかぶって中東の戦場から中継放送なんかはしない人のように思われる.して欲しくないし.
 しかるにこの美人はよくしゃべる.アナウンサーだから当たり前か.
 で,『バーモントの月』だが,曲の解説でちょっと気になることを言った.

 曲の歌い出しはこうだ.
  Pennies in a stream
  Falling leaves , a sycamore
  Moonlight in Vermont
 吉川アナは,しゃべった通りではないが「これを《小川の中の銅貨》なんて歌う日本の歌手がいますけど,違いますからね.なんで川の中に銅貨があるんです.川面に映る月のことに決まってます」というような意味のことを言った.実際はもっと強く非難する口調だったが,きっと吉川アナの大好きな曲だからなのだろう.

 でもなあ,“penny” じゃなくて “pennies” だから,その解釈は無理があるんじゃないだろうか.月がいくつも川面に映るわけはないから.
 歌われている情景を耳から入った通り素直に思い浮かべれば,川の底に銅貨色のものが沈んでいるのだと思う.月の光にきらめいて.

 ウェブを検索してみたら,ある質問掲示板で「この歌の “pennies” とは何か」という趣旨の質問があり,それは色からして “falling leaves , a sycamore”,つまりプラタナスの枯葉だとの回答がベストアンサーになっていた.
 枯葉が川面にびっしり落ちてるところへ月光がきらめいて,あちこちに小さな銅貨が光っているように見えるというのである.
 確かにそう取れなくはないけれど,川面の枯葉は月光に照らされても光らないのではないだろうか.

 さて私のイメージでは,“pennies” は川の底に沈んでいる銅貨色のなめらかな小石が月光にきらめいている様の比喩なのだが,どんなもんだろう.

 バーモント州の,カナダ国境に近い山裾の秋.月明かりの美しい風景.この曲が好きな吉川アナウンサーはロマンチストなのかな.よくしゃべるけど.

|

« 一度は手放して | トップページ | 小言幸兵衛 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーモントの月明かり:

« 一度は手放して | トップページ | 小言幸兵衛 »