« 朱鷺 | トップページ | 北方『三国志』(一) »

2008年12月22日 (月)

ヤシガニ

 読売新聞《Yomiuri Online 12/22 15:03》に,ヤシガニの産卵場所に関する論争に決着がついたとの記事があった.陸上で産卵するのかそれとも水中かの論争だという.水産総合研究センター西海区水産研究所石垣支所の研究者が世界で初めて《海岸線から3メートル離れた石灰岩の岩壁中腹にできた裂け目の奥で、卵を産んで腹に抱えている様子を》(同記事から引用)撮影することに成功した.論争が始まってから六十年だっていうから,西海区水産研究所の人達はさぞ嬉しかっただろう.
 ではあるが素人の悲しさ,この記事では隔靴掻痒,わからないことがある.ヤシガニは泳ぐことができず,海に入れないのに,どうして水中で産卵できるのかとの疑問が湧く.
 Wikipediaはどうなっているのか.
《ヤシガニは成長すると産卵時を除いて水に入る事は無い。また、まったく泳ぐことが出来ないため、波打ち際までしか入ることが出来ず、水の中では溺れる》
《雌は数ヶ月間卵を抱えたまま生活し、10月か11月の満潮時、いっせいに孵化したゾエアと呼ばれる幼生を放出する》
と述べられており,曖昧ではあるが,水中というよりは波打ち際で産卵すると書いている.今回の発見では《海岸線から3メートル》だから,水中で産卵するというよりは《波打ち際》とするのに近いだろう.またWikipediaでは数ヶ月間抱卵するとしているが,読売の記事では約一ヶ月となっていて,こっちの違いが大きいのではないか.いずれも素人考えだけど.
 とまあそんなことは専門家におまかせするとして,ヤシガニは我が国では絶滅危惧種であり,沖縄本島ではほぼ絶滅し《八重山諸島でも、ここ数年で乱獲や交通事故等のため急速に個体数が減少している》(Wikipedia)
 この「乱獲」とは何か.食っちゃうらしいのだよ,沖縄観光客が.食うやつも悪いが,食わせるやつはもっと悪い.私はそう思う.

|

« 朱鷺 | トップページ | 北方『三国志』(一) »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤシガニ:

« 朱鷺 | トップページ | 北方『三国志』(一) »