« 戦時下の犬 | トップページ | 黒はんぺん »

2008年11月 8日 (土)

方向違い

 世の中で全く問題にならなかったことが腹立たしいので,私がここに書く.
 毎日新聞(2008/11/5 東京朝刊)によれば,田母神俊雄前航空幕僚長が政府見解に反する論文を公表して更迭された件で,小沢一郎民主党代表は次のように述べた.
《軍人が政治に干渉し、結果として大きな過ちを犯した事実を国民は改めてきちんと認識しなければならない》

 普通の日本語では,この言い方は

田母神問題が起きたのは,国民が「軍人が政治に干渉し、結果として大きな過ちを犯した事実」をきちんと認識していないからである.国民はもっとしっかりしなければいけない.

ということを意味している.なーにを言うておるか.自らの歴史認識を語ったことのないこの政治家はどっちを向いて物を言っているのか.責任があるのは,このような人物がトップに上り詰めることの可能な自衛隊という組織と,その男を任命した内閣である.従って小沢発言は次のように訂正されねばなにらない.
《軍人が政治に干渉し、結果として大きな過ちを犯した事実を自衛隊と政治家は改めてきちんと認識しなければならない》

|

« 戦時下の犬 | トップページ | 黒はんぺん »

新・雑事雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 方向違い:

« 戦時下の犬 | トップページ | 黒はんぺん »